Loading...

ノートを知るNote

を知る
image89
作者:若松義人  出版社:大和書房  出版年:2004年10月 

『トヨタ流 自分を変える成功ノート』

「ああ、本当の意味はこうだったのか」

「まえがき」より
筆者は、トヨタ自動車で働いていた当時の師である大野耐一氏の教えをノートに記し、読み返すのを、今日でも習慣にしている。
ノートにはトヨタ生産方式のノウハウが並んでいる。当時は、モノづくりの手法として読んだのである。

だが、年をへて、トヨタグループ以外で仕事をするようになって、「ああ、本当の意味はこうだったのか」と気づかされることが増えてきた。
「私も大野さんの本を年に何回か読み返していますよ」と、筆者と同年代のトヨタマンも言う。
かつて大野氏のもとで仕事をしたことのある人の多くが、モノづくりとともに人間形成や生き方の面でも、強い影響を受けている。

モノづくりの現場は大きく変わった。
筆者のように今では自動車とは別の世界で生きている人間もたくさんいる。
にもかかわらず、何かあるたびに「大野さんなら、こんなときどうしたかなあ」と考えることがよくあるし、ノートをじっと眺めることもしばしばだ。

モノづくりを通じて筆者が身につけたトヨタ流のものの見方や考え方は、生産現場以外の場所で働く多くの人にとっても、人間形成や生き方のヒントとして有用であると気づくのである。(以下略)