Loading...

ノートを知るNote

を知る
112-2
作者:和田洋和(監修)  出版社:メイツ出版  出版年:2016年2月 

『中学生の「合格ルール」教科別必勝の勉強法60』

高校受験で成功する!

「教科別勉強法 数学 ポイント31」より
〈先生からのアドバイス〉数学を得意にしたいなら「同じ間違いを2度しない」ことをいつも意識しよう。
〈CHECK〉ルール1:間違いは消しゴムで消さない
 ルール2:自分がいつもどこで間違うのかチェックする
 ルール3:間違った問題は時間をおいてもう一度解く

数学の問題を解くときに、いちいち間違いを消しゴムで消して解き直す人がいるが、間違えたと思ったらその時点で大きく×を書き、別の空いたスペースに最初から書けばいい。数学は限られた時間で集中することが大切だから、消しゴムでいちいち消していては時間がもったいない。

消しゴムで消さない利点はもう一つある。間違いを残しておくと、自分が間違えた理由や、どういうときによく間違うのかが見えてくる。間違った問題は、間違いノートに書き写してもう一度解いておくと完璧だ。