Loading...

ノートを知るNote

を知る
image61
作者:生田貴子  出版社:日本写真印刷  出版年:2006年9月 

『新カルチャーシリーズ 色鉛筆レッスンノート』

興味があればセンスは鍛えることができます

「はじめに」より
絵が描けたらいいなと思っても
「自分は絵が描けない」と決めつけているヒトがたくさんいると思います。
何でも初めから上手くはできないと分かっているのに、絵に関しては上手に描けなかったとたん簡単にあきらめてしまう・・・。

何をするにも才能は必要かもしれませんが、才能は「センス(感覚)」のことだと思います
美しいと思う絵をたくさん見て、いろいろな方法で描いているうちになんとなく分かってきます。
興味があればセンスは鍛えることができます。

「才能がない」と言ってしまえば、それで終わってしまいます。「私もできるはず」と思うことが大切だと思います。
興味を持ったなら、まずは描き始めてください。

色鉛筆なら気楽に絵を描くことができます。塗り方によって簡単なイラスト画にも、本格的な写真画にもすることができます。
本書をきっかけに、色鉛筆の素晴らしさを、色を描く楽しさを知ってもらえたらと、思います。