Loading...

ノートを知るNote

を知る
image80
作者:吉田雅紀  出版社:すばる舎リンゲージ  出版年:2014年11月 

『読んで、考え、書き記す 起業「成功」ノート』

起業家人生では何かを決めないといけない場面が、決断の場面が連続します

「本書の使い方」より
本書ではセクション、セクションごとにあなたに対していくつかの質問をしています。僕のセミナーではこの質問がワークショップになっています。課題を与えてグループでディスカッションしてグループごとに議論の経緯や結論をプレゼンしてもらうのです。発表は1分か3分です。

大事なのは、自分事として自分で考えるということです。僕が出す課題に正解はありません。いろいろな考え方があっていいのです。
「僕はこう考える」というのはありますが、それがあなたの考えと一緒とは限りません。
いや、違っていいのです。違うほうが普通です。
大切なのは自分で考えて自分の答えを持つこと。そして、その答えに自分なりの理屈があること。
「何となく」というのはダメです。

ですから、この本にある課題についてはまずは自分で考えて、書いてみて下さい。
一番いいのは近しい人に同じ質問をして、その人の考えを聞いてみるとか、酒の席でもいいのであなたの事業計画を肴にしてもらうとか、いろんな人の意見を聞きながら自分で考えて、自分なりの結論を持つ。これが大切です。

これからの起業家人生では何かを決めないといけない場面が、決断の場面が連続します。
しっかり考える。深く考える。途中で思考停止しない。この訓練も兼ねています。