Loading...

ノートを知るNote

を知る
121-2
作者:メイコ・イワモト  出版社:角川書店  出版年:1999年10月 

『イタリア旅行のおしゃれノート』

奇想天外なイタリアの生活が赤裸々に

「はじめに」より
フィレンツェに暮らした1年8ヵ月ほどはステキ! ビックリ! の連続でした
ナポリ出身のビルジニオは無口でシャイでおまけにベジタリアン、銀行家の令嬢ジョヴァンナのお気に入りは、市場で見つけたシルクのブラウス、トップレスで肌を焼いていたバレリアの職業は検事、ピエトラビアーナ村の老夫婦、ピエラとジャンニは毎晩4時まで踊りまくる…。
毎日の生活を楽しく、一生懸命生きるイタリア人との出会いは私にとって新しい発見でした。

*お金がなくてもおいしいものが食べられる(嬉しい)*
*お金がなくてもおしゃれはできる(素晴らしい)*
*ほとんどの女性は光りもの好き(あたりまえ?)*
*ほとんどの男性は女好き。でないとゲイと見なされる*
*家庭が何よりも優先(恋人よりも?!)*
*バカンスを1か月以上とらないと人間扱いされない*
*バカンスは1か所に長く滞在しなにもしてはいけない*
*みんな仕事に誇りを持っている*
*だから実はとっても働き者(特に職人さんはすごい!)*などなど・・・

この本には、そんなイタリアのステキがたくさん詰まっています。
ある日サンジミニャーノの教会で、表紙がぼろぼろになった分厚い本を開いている老夫婦に出会いました。
この本もあなたの旅行鞄の片隅で、そんなふうになれたら幸せです。