Loading...

ノートを知るNote

を知る
image19
作者:奥野宣之  出版社:ダイヤモンド社  出版年:2013年3月 

『旅ノート・散歩ノートのつくり方』

ノートをつけると、旅と散歩はもっと楽しくなる

「はじめに」より
これは「旅ノート」「散歩ノート」のつくり方の本です。
それって何? と聞かれれば、
「家を出て、どこかに行って、何か見たり聞いたり……つまり外でいろいろ体験したことの記録」と、とりあえずは答えておきます。

外でのいろいろな体験とは、たとえば次のようなことです。
観光地で温泉に入ってお酒を飲んだりしたこと、家の近所を歩き回ってみたこと、山や海で自然に触れてみたこと、出張で訪れた街を探索したこと……。
こういった旅行や散策、アウトドアでの面白かったこと、楽しかったことをノートにまとめてみよう。
これが本書で言いたいことです。

ポイントは、「外出先で、何気なく感性に触れるものを探す」ということにあります。目を血走らせて、珍しいものを探す必要はありません。ただ、訪れた場所や「おや」と思ったことだけは、後で振り返られるようにしておきます。
そして、そのためには「歩き」がいいのです。