Loading...

ノートを知るNote

を知る
image15
作者:阿多静香&谷口佳恵&富永真美  出版社:ダイヤモンド・ビッグ社  出版年:2014年11月 

『台湾おしゃべりノート』

台湾の最大の魅力は人のやさしさ

「さぁ、おしゃべりを始めましょ♪」より
《おしゃべりをする女子》
●阿多静香=S 『aruco台北』編集者 
●谷口佳恵=Y 『地球の歩き方』台北編・台湾編編集者
●富永真美=N 『aruco台北』編集者

N 台湾の魅力といえば、なんといっても、食べ物がおいしいことと人がやさしいことだよね。
S 台湾の人って他人をほっとけない人たちなんだよね。目の前に困っている人がいたら無条件に助ける。困っている人を見たら自然に体が動くみたいなやさしさだと思う。電車でお年寄りが乗ってくると、若者たちは我先にと席を譲るし。
Y 見返りを求めないよね。
S 東日本大震災のときも多額の義捐金を寄せてくれたけど、台湾の人たちは困っているだろうからしただけだと。お年寄りだけでなく、おおらかなやさしさが若い人にも受け継がれている。
Y 私はひとりで取材旅行することが多いから、その分現地の人たちにやさしくされる機会が多い。特に、地方や離島では、町を案内してくれたり、宴会に招いてもらったり、すごく親切にしてもらったことがたくさんある。
S 私は、1998年に初めて台湾に行って台北で3年間暮らしたんだけど、最初の2週間は(これはムリ)と思った。時間を守らないとか、いろいろあって……。でも、こういうところなんだ、楽しもうと思い、人々を観察しはじめたらおもしろいことだらけ。
N たとえばどんなことが?
S 「國語(台湾の中国語)を話せる」と言っているのにそれは無視されて、どこからか日本語が話せる人を連れてきてくれて助けてくれようとがんばったり。バスに乗り間違えても「お金はいいから、降りてここから乗り直せ」とか、いろいろ世話をやいてくれて(以下略)。