Loading...

ノートを知るNote

を知る
image81
作者:午堂登紀雄  出版社:三笠書房  出版年:2007年9月 

『30代で差をつける「人生戦略」ノート』

たった一人、世間に放り出されても「稼ぐことのできる力」とは?

「はじめに」中段より
ブランドの時代といわれますが、それは個人にも当てはまります。パーソナルブランド、つまり自分自身をブランド化することによって、より有利に生き抜いていくことが可能であるということです。
世の中はますます、努力と工夫をする個人の成功を後押ししてくれるようになってきています(中略)。

多くの人が、収入を増やし、安定した経済基盤を作りたいと考えています。それを実現する手段としてのビジネススクールや資格の専門学校は大はやりですし、株式投資や不動産投資など、資産運用のセミナーも大盛況です。
しかし本当の安定というものは、正社員として就職することや、昇進すること、多額の蓄財をすることで得られるわけではありません。高給取りの外資系企業の社員でも、明日はどうなるかわかりませんし、お金持ちの中には資産の目減りを恐れている人も大勢います。
結局、最後に頼りになるのは、「家もお金も仕事もなくし、たった一人で世間に放り出されても、稼ぐことができる能力」ではないでしょうか。
なぜなら、その能力がなければ、所詮、誰かに傘を貸してもらわなければ生きていけない、脆弱な存在にすぎないからです。