Loading...

ノートを知るNote

を知る
232-4
作者:カルロ・アンチェロッティ  出版社:河出書房新社  出版年:2010年5月 

『アンチェロッティの戦術ノート』

戦術は重要な側面ではあるが、決してそのすべてではない

「はじめに」より
私が日本の海外サッカー専門誌『ワールドサッカーダイジェスト』に寄稿を始めたのは、ユヴェントスFCの監督を引いた後、充電のための時間を過ごしていた2001年のことだ。

イタリア在住の日本人ジャーナリスト・片野道郎と、その時々に設定したテーマについて対話し、その内容を彼が日本語の原稿にまとめるという形でのコラボレーションは、それ以来現在まで定期的に続いている。この本は、足掛け8年間にわたるその成果を一冊にまとめたものだ。したがって、この日本語版がオリジナルであり、現時点では唯一のバージョンということになる。
コラボレーションを始めてからこの本ができるまでの間、私はACミランの監督として8シーズンを過ごしていくつかの重要なタイトルを勝ち取り、2009年の夏からはイングランドのチェルシーFCに仕事の舞台を移して現在に至っている。
その間に取り上げた話題は、私のサッカー観とそれに基づく戦術論、具体的な試合を舞台にしたケーススタディ、さらには日々積み重ねている仕事の実際まで、監督という仕事のあらゆる側面に及ぶ。
それを改めてテーマ別に整理したこの本を読んでいただければ、カルロ・アンチェロッティという監督の目にはピッチ上のゲームやそこで動く選手たちがどのように見えているのか、毎週の試合を準備する中で何を考え、どんな問題に直面しているのか、そして監督としてどんなキャリアを歩み、どんな試合を戦い、いかなる喜びと落胆を経験してきたのかという、その全体像を掴んでいただけるはずだ。戦術がその重要な側面であることに疑いはないが、決してそのすべてではないこともおわかりいただけると思う。