Loading...

ノートを知るNote

を知る
132-2
作者:金田博之  出版社:日本実業出版社  出版年:2011年2月 

『29歳からの人生戦略ノート』

期待と不安の狭間で揺れる20代、30代

「まえがきに代えて」より
「目の前のことを一所懸命やっているのに将来の不安が消えない」
「今の仕事のほかにも、もっと向いている仕事があるんじゃないか?」
「自分の力はどこまで通じるのだろうか?」

(中略)「人生戦略ノート」を書き続けることで、私の中で大きな変化がありました。
1 不安が消えて方向性が明確になった
いろいろな不安やストレスとうまく付き合うための方法を知ることができました。中長期の目標、1年、半年、四半期、1ヵ月とやるべきことが明確になりました。
2 仕事のスピードが上がり、考える時間を確保できるようになった
商談・プレゼンテーション、英語からマネジメントまで、さまざまなビジネススキルが身につきました。ビジネススキルが向上すると、仕事をスピーディかつ効率的にこなせるようになり、考える時間を確保することができるようになりました。副社長補佐以降も新組織の立ち上げなどに従事しましたが、そこでも実績を残すことができました。
3 プライベートも充実した
仕事はバリバリ、高い年収をもらって一見完璧なビジネスパーソンに見えますが、プライベートはさっぱり、という人も少なくありません。仕事がコントロールできるようになることは、時間をコントロールできるようになることとほぼ同じだとわかりました。つまり家族との時間が増え、そのことでますます仕事への活力になる状態へと変わっていき、いわゆるワークライフバランスがよくなりました。
まさに、この「人生戦略ノート」が私の人生を劇的に変えたといっても過言ではありません。とは言え、みなさんに人生戦略の重要性や立て方を偉そうに語るつもりはありません。