Loading...

ノートを知るNote

を知る
334-1
作者:児玉光雄  出版社:二見書房  出版年:2003年5月 

『頭が良くなる秘密ノート』

地面を1500メートルも掘り進めば、地球のどこでも必ず温泉に行きあたります。

「まえがき」後段より
もっと過激になりましょう。
それくらいでちょうどいいのです。
たった一つのやりたいことに執着して、それに人生を賭ける。
それが「天才」と呼ばれる人々です。

本書では誰でもが天才になれる秘密のトレーニングを紹介しています。ほんの少し視点を変えるだけで、短時間の訓練によって、あなたの脳は劇的に目覚めていきます。この中のトレーニングを着実に実践していくことによって、あなたは発想豊かになり、自分の頭がクリアになっていくことを実感されることと思います。それが天才に一歩近づいた証拠なのです。
後は自分を信じて、思い描く夢に向かって果敢にチャレンジを繰り返すことです。地面を1500メートルも掘り進めば、地球のどこでも必ず温泉に行きあたります。ところが温泉を掘り当てる人はそう多くないのです。夢を抱く人は大勢いますが、その一歩手前であきらめてしまっている人がなんと多いことでしょう。
一日ひとつだけでいいから、自分のやりたいことを進める。そこから始めてみましょう。毎日あくせく働くだけで一日が終わるのでは、せっかくこの世に生きてきた価値がない、と私は思うのです。
人生において、良いことばかりが起こる一握りの人たちがいます。彼らは運がいいのではありません。自分のやりたいことをやり続けた結果、良いことが起こるのです。彼らに「挫折」という言葉はありません。
そんな人生を送ることができれば、黙っていても天才の仲間入りができるのです。しかも、それはおそらく天才になることよりも、もっと大切なことかもしれないのですが、あなたは必ず後悔することのない人生を終えることができるのです。