Loading...

ノートを知るNote

を知る
413hkCDBuLL
作者:高野登  出版社:かんき出版  出版年:2010年7月 

『リッツ・カールトンで育まれたホスピタリティノート』

感動という物語を紡ぐお手伝いをするためには、まずは自分がワクワクと働き、いい時間を過ごすこと。

「感性を磨ける人になる」より
「リングに上がらなければ、勝者にも敗者にもなれないのだ。リングで戦った者はその結果がどうであれ、その勇気と覚悟において、外からとやかく言う評論家とは一線を画す」 

「人の幸せは、達成したときの喜びと、それに向けて創造力を発揮し、努力を重ねるプロセスのなかにある」
どちらも第32代米国大統領のフランクリン・ルーズベルトの言葉です。リッツ・カールトンのラインナップの「今日の名言」にも頻繁に登場します。
毎日の業務のなかで、困難にぶつかることがたくさんあります。
リーダーとして責任ある立場に立ったとき、組織をうまく引っ張っていけない、ということもあるでしょう。
ついつい、「もう十分やったのだからこの辺でいいか」と心が囁く。
そんな時、この言葉を思い出すのです。自分はまだリングの上にいるのだ、プロセスもまだ半ばにしか来ていない、あきらめるなと、自分を鼓舞するのです。