Loading...

ノートを知るNote

を知る
221-2
作者:岡崎太郎  出版社:フォレスト出版  出版年:2004年11月 

『1日3分「夢」実現ノート』

夢が見つからない人のためのシンプルな習慣

「表紙カバー」より
「夢や目標が見つからない・・・」
「アイデアが沸かない」
「自信をすぐに失くしてしまう」
「忙しすぎて自分の人生を考える余裕がない」
そんなあなたによく効きます!

「プロローグ」の「夢は探すものではない」より
揺るがない夢を持っている人は、それだけで8割は成功したも同然です。
ただし夢がない人や、ほんとの夢だと感じられない人にとって、日々の生活はどうしたらいいのでしょう。
夢がないから、目標がない。
すると、日々の生活は無意味なモノになっちゃうでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
夢や目標なんてなくたって、いろんなことが日々の生活の中で起こり、僕たちはそのたびにいろんなことを考え、想っているのです。
たとえば、雑誌に載っているリゾート特集を見れば、その地に行きたいと想うでしょう。
ほらっ、夢なんてなくたって「行きたい」、つまり「やりたい」とは想うわけです。
同じように、素敵な人に会えば、その話し方や身なりに憧れるのは当然です。
こんなふうに、小さな欲求は日々たくさん生まれているのです。
問題は、その想いをすぐに忘れてしまうこと。