Loading...

ノートを知るNote

を知る
321-2
作者:藤井孝一  出版社:青春出版社  出版年:2003年12月 

『実践図解ノート 成功する週末起業』

会社を辞めずに起業して、「活き活きとした週末」と「複収入」を手に入れよう!

●「夢」の第一歩を踏み出す前に――より
みなさん、起業してみたくありませんか?
こんな問いかけをしてみると、驚くほどたくさんの方が「できることならやってみたい」と答えます。これまで会社を興すのは、ごく限られた特殊な人たちが行うことと考えられてきましたが、いまではサラリーマンや学生、主婦など、ごく普通の方が、起業に高い関心を持っているのです。

(中略)そこで、私が提案するのが「週末起業」なのです。
「週末起業」とは読んで字のごとく、週末に起業すること。つまり、会社に勤めながら、土日の週末と帰宅してからの夜の時間を使って、自分のビジネスをはじめることです。当然、お金は極力かけません。できるだけ手間とお金をかけませんから、失敗しても何度でもやり直しがききますし、またそのビジネスが成功して大きく育ってきたら、独立開業という道も開けてきます。
そんなうまい話があるかとお思いかもしれませんが、インターネットの発達によって、小資本で、会社を辞めず、週末を使って、自分のビジネスを立ち上げることが可能になりました。現に、たくさんの人が、本業を持ちながら、休日には週末起業家として自分の商売を行っています。
たしかに、「週末起業」から大きなビジネスへと展開できた人は、ほんの一握りです。ですが、「週末起業」をはじめたみなさんは、例外なく「毎日に張り合いが生まれた」「寝るのが惜しいくらい充実している」といいます。自分の好きなこと、やりたいことをビジネスに結実したことが、大きな達成感・満足感を生んでいるのです。
どうですか。これなら、自分でもできると思いませんか? 「週末起業」は誰でもできる起業です。
スケールは小さいかもしれませんが、お客さんに商品やサービスを売る商売であることに変わりはありません。
本書には、「週末起業」をはじめるためのノウハウと成功させるための考え方を詰め込みました。