Loading...

ノートを知るNote

を知る
213-2
作者:高橋政史  出版社:かんき出版  出版年:2014年5月 

『頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?』

マッキンゼーのコンサルタント、東大合格生が使っている「方眼ノート」

「はじめに」より
コンサルタントになって間もないころ、元マッキンゼーのパートナー(役員)だった上司から、あるものを手渡されました。
それは、A4の青い方眼ノートでした。

もっと見る
213-1
作者:今北純一  出版社:文藝春秋社  出版年:2009年2月 

『マイ・ビジネス・ノート』

ビジネスの可能性を広げるための視座を持つ

「目次」より
第一章 欲望とジェラシーの時代
日本はどこへ行こうとしているのか/経済はどのように動いてきたか/良識なき世界にルールを/モノやお金に支配されない心の持ち方/未来を自ら切り開くためのヒント

もっと見る
212-2
作者:中村信二  出版社:PHP研究所  出版年:2012年7月 

『【図解】営業成績が上がる「一冊一顧客」ノート術』

ノート選びはサイズが重要

「ノート選びはサイズが重要」より
営業ノートは小さいものがベストです。しかし、メモ帳サイズでは相手に失礼になります。というのも、
「俺との打ち合わせはメモ程度か・・・・・・」
こんなふうに思われては、せっかくつくり上げたイメージも台無しになるからです。かといって大きすぎると幼稚に見られます。

もっと見る
212-1
作者:佐藤ねじ  出版社:日経BP社  出版年:2016年10月 

『超ノート術』

成果を10倍にするメモの書き方

「はじめに」中段より
「これは新しい!」「そうくるとは思わなかった!」という驚きや共感を生むためには、企画そのものにほかにはないアイデアを盛り込まなければなりません。そのヒントが、自分が普段何気なく書き散らかしているメモにあるのです。

もっと見る
報連相
作者:北山節子  出版社:東洋経済新報社  出版年:2010年5月 

『報連相は手書きにしなさい!』

報連相ノートで共有すれば仕事は全部うまくいく

「はじめに」中段より
手書きの「報連相ノート」を導入するまでは、良好なコミュニケーションをとるために、スタッフに協力を得て、閉店後にミーティングを開くこともありました。

もっと見る
ビジネス理論
作者:ラモーナ・ビジネス・カウンシル  出版社:PHP研究所  出版年:2004年7月 

『できるビジネスマンに変わる!ビジネス理論30分速習ノート』

知識こそ、最強の武器だ。

「はじめに」下段より
本書を読むときのお願いです。できるだけ具体的に、自分の仕事やプライベートでの課題を意識しながら、読んでみてください。何かヒントが見つかるはずです。

もっと見る
奇跡のノート術 長崎
作者:長崎快宏  出版社:PHP研究所  出版年:2002年10月 

『仕事・勉強・人生すべてが劇的に変わる!奇跡のノート術』

人はどんな逆境にも耐えることができる、と私の体験から断言する。それを支えるのがノートなのである。

「はじめに」前段より
パソコンはじめデジタルグッズ全盛の時代に、私はあえて「ノートで生き残る方法」を提唱したい。このスピード時代に、「物事とジックリ対峙する時間」こそが、不況を乗り越え、成功への道に至る唯一の方法だと、私は確信している。

もっと見る
image99
作者:奥野宣之  出版社:ダイヤモンド社  出版年:2013年11月 

『情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]』

「ノート一冊」なら誰でも情報を活用できる

「序章」中段より
「絵に描いた餅」ではない情報活用、「誰でもできる知的生産術」とは、一体どのようなものでしょうか?
それこそ、本書が紹介する「ノート一冊方式」です。これのすごいところは、一行で説明できてしまうことです。
常に一冊のノートだけに情報を入れ、それを読み返す。

もっと見る
9784062729048_w tensai
作者:内山雅人  出版社:講談社  出版年:2015年7月 

『天才のノート術 連想が連想を呼ぶマインドマップ(R) 〈内山式〉超思考法』

幸せを呼ぶマインドマップ

「まえがき」前段より
今この瞬間から、これまでの「常識」は捨ててください。ノートは、何かを機械的に書き写すためのものではありません。本来ノートというものは、あくまで思考を活性化し、まったく新しいアイデア、今まで眠っていたあなたの才能を引き出すためのものです。

もっと見る
814rb-TbfRL note
作者:中村輝雄  出版社:株式会社セブン&アイ出版  出版年:2016年8月 

『おじいちゃんのノート 下町の職人魂がオンリーワンを生んだ』

ノートの革命を起こそうよ!

「夢、子どもたちに伝えたいこと」前段より
今のわたしの夢は、水平開きノートの量産化がさらに進むことです。現状はどうしても、機械による生産に頼れません、人の手間とそれだけの時間がかかるために、従来のノートに比べると水平開きノートは割高になってしまいます。それを少しでも安くしたいのです。

もっと見る