Loading...

ノートを知るNote

を知る
212-2
作者:中村信二  出版社:PHP研究所  出版年:2012年7月 

『【図解】営業成績が上がる「一冊一顧客」ノート術』

ノート選びはサイズが重要

「ノート選びはサイズが重要」より
営業ノートは小さいものがベストです。しかし、メモ帳サイズでは相手に失礼になります。というのも、
「俺との打ち合わせはメモ程度か・・・・・・」
こんなふうに思われては、せっかくつくり上げたイメージも台無しになるからです。かといって大きすぎると幼稚に見られます。

もっと見る
212-1
作者:佐藤ねじ  出版社:日経BP社  出版年:2016年10月 

『超ノート術』

成果を10倍にするメモの書き方

「はじめに」中段より
「これは新しい!」「そうくるとは思わなかった!」という驚きや共感を生むためには、企画そのものにほかにはないアイデアを盛り込まなければなりません。そのヒントが、自分が普段何気なく書き散らかしているメモにあるのです。

もっと見る
報連相
作者:北山節子  出版社:東洋経済新報社  出版年:2010年5月 

『報連相は手書きにしなさい!』

報連相ノートで共有すれば仕事は全部うまくいく

「はじめに」中段より
手書きの「報連相ノート」を導入するまでは、良好なコミュニケーションをとるために、スタッフに協力を得て、閉店後にミーティングを開くこともありました。

もっと見る
奇跡のノート術 長崎
作者:長崎快宏  出版社:PHP研究所  出版年:2002年10月 

『仕事・勉強・人生すべてが劇的に変わる!奇跡のノート術』

人はどんな逆境にも耐えることができる、と私の体験から断言する。それを支えるのがノートなのである。

「はじめに」前段より
パソコンはじめデジタルグッズ全盛の時代に、私はあえて「ノートで生き残る方法」を提唱したい。このスピード時代に、「物事とジックリ対峙する時間」こそが、不況を乗り越え、成功への道に至る唯一の方法だと、私は確信している。

もっと見る
9784062729048_w tensai
作者:内山雅人  出版社:講談社  出版年:2015年7月 

『天才のノート術 連想が連想を呼ぶマインドマップ(R) 〈内山式〉超思考法』

幸せを呼ぶマインドマップ

「まえがき」前段より
今この瞬間から、これまでの「常識」は捨ててください。ノートは、何かを機械的に書き写すためのものではありません。本来ノートというものは、あくまで思考を活性化し、まったく新しいアイデア、今まで眠っていたあなたの才能を引き出すためのものです。

もっと見る
9784413112123
作者:知的生活追跡班  出版社:青春出版社  出版年:2017年4月 

『奇跡を起こすたった1ページのノート術』

たった1ページで人生は変わる!

「はじめに」前段より
ノートの使い方ひとつで人生が変わる、しかも、たった1ページで奇跡が起こせるというと、そんなのあり得ないという人もいるだろう。でも、ノートの使い方をちょっと工夫するだけで間違いなく昨日とは違う自分に気づくはずだ。

もっと見る
image5
作者:美崎栄一郎  出版社:学研パブリッシング  出版年:2015年6月 

『ノート術(ムック) ミスがなくなり、アイデアが生まれ、目標を達成できる』

美崎流ノート術で仕事が変わる

「PROLOGUE」より
経験をたくさん積んだ人ほど、ビジネスで価値があることは、みんな知っています。
同時に、経験したことをすべて覚えていけるほど、社会人の仕事は、簡単ではありません。
たとえば、会議ひとつをとってもそう。だからこそ、議事録をノートに記録しているはずです。ですが、議事録の書き方を習う機会はありません。

もっと見る
image3
作者:樋口健夫  出版社:PHP研究所  出版年:2007年1月 

『図解 仕事ができる人のノート術』

ノートを使うと脳の思考の整理整頓ができる

「はじめに」より
 あなたは「自分のノート」を持っているだろうか。
「自分のノート」をいつも携帯して、見たこと、思ったこと、体験したことを、なんでもノートに書き込み、「人生ノート」を持ち始めることをお勧めする。それがあなたの人生を変える第一歩なのだ。(中略)

もっと見る
image34
作者:齋藤 孝  出版社:ビジネス社  出版年:2010年4月 

『大事なことは3つにまとめなさい! 齋藤孝ノート術』

頭と心がスッキリする齋藤式ノート術全公開

「はじめに」より
私は、3という数字に特別な思い入れを持っている。
とにかくなんでも3つに絞って考えるんのが、思考習慣になっている。記憶をたどると、大学受験のころには「大切なことは3つにまとめる」方法をやっていたので、かれこれ30年来の習慣になっている。

もっと見る
image33
作者:石井貴士  出版社:SBクリエイティブ㈱  出版年:2014年7月 

『本当に頭がよくなる1分間ノート術』

エジソンは、「3700冊のノート」で成功した!

「まえがき」より
「ノート術だって? 別に、ノートなんて、好きなように取ればいいんじゃないの?」
この本のタイトルを見て、そう感じた方もいるでしょう。
そんななか、これまで10年以上セミナー講師をしてきて「この人のノートの取り方は抜群にうまいな」という方は、100人に1人くらい。
90人ほどは、「そのノートの取り方では、勉強ができなくてしかたがないな」というレベルなのが、実際のところです。

もっと見る