Loading...

ノートを知るNote

を知る
814rb-TbfRL note
作者:中村輝雄  出版社:株式会社セブン&アイ出版  出版年:2016年8月 

『おじいちゃんのノート 下町の職人魂がオンリーワンを生んだ』

ノートの革命を起こそうよ!

「夢、子どもたちに伝えたいこと」前段より
今のわたしの夢は、水平開きノートの量産化がさらに進むことです。現状はどうしても、機械による生産に頼れません、人の手間とそれだけの時間がかかるために、従来のノートに比べると水平開きノートは割高になってしまいます。それを少しでも安くしたいのです。

もっと見る
214-0330b
作者:碓井孝介  出版社:三笠書房  出版年:2016年6月 

『頭のいい人は暗記ノートで覚える!』

重要なのは、「頭のいい覚え方」を知っているかどうか――。

「冒頭文」より
本を読んでも、時間がたつと忘れてしまう。いくら勉強しても、専門知識がなかなか身につかない……。
もし、あなたに心当たりがあったとしても、悲観することはありません。
それは元々の「才能」や「能力」とは、まったく別の問題。

もっと見る
214-0330a
作者:北山節子  出版社:日本実業出版社  出版年:2002年12月 

『元祖カリスマ店長が明かす 「売れるお店」のマル秘ノート』

販売員が競って書きこむ報連相ノートがあれば、売り場一丸となった接客ができる

「報連相ノート」より
報連相ノートは「5W3H」が鉄則
業務上の連絡事項を書きこむノートはどこの会社にもあると思うが、接客業では、これを100%機能させることで、スタッフが一丸となった接客ができるようになる。

もっと見る
image38
作者:久米信行  出版社:日本実業出版社  出版年:2009年9月 

『考えすぎて動けない人のための 「すぐやる!」技術 実践ノート』

あなたはなぜ、動けないのか?

「はじめに」より
本書、『「すぐやる!」技術 実践ノート』は、
前著『「すぐやる!」技術』や、
新著『「認められる!」技術』のエッセンスをわかりやすくまとめたうえで、大幅に加筆した新作です。

もっと見る
214-3
作者:和田秀樹  出版社:PHP研究所  出版年:2003年12月 

『【図解】和田式・脳力倍増ノート』

メモ術、ノート術がうまくなれば、アウトプットも増える

「CHARTER 4」より
・ノートは余白をつくって、あとで必ず見直すこと
・メモやノートは、単純ミスを少なくする
・パソコンの時代だからこそ、手書きのノートを見直そう

もっと見る
image40
作者:岸 英光  出版社:総合法令出版  出版年:2004年8月 

『コーチング力が身につくトレーニングノート』

可能性を最大限引き出し、結果を創るコミュニケーション

「本書の使い方」より
本書は、コーチングを実践するにあたって必要となるポイントについて深く掘り下げています。とくに、コーチングにおいて重要な観点でありながら、従来あまり触れられていなかった「パラダイム」「責任」「創作」などについて言及している点が大きな特徴といっていいでしょう。

もっと見る
image39
作者:大前暁政  出版社:黎明書房  出版年:2010年9月 

『仕事の成果を何倍にも高める教師のノート術』

なぜノートが仕事の成果を高めるのか

「まえがき」後段より
ノートを活用すれば、仕事の成果を高めることができる。
しかし、そのためには、ノートの使い方を知らなくてはならない。知れば、誰だって明日からノートを活用できるようになる。

もっと見る