Loading...

ノートを知るNote

を知る
9784413112123
作者:知的生活追跡班  出版社:青春出版社  出版年:2017年4月 

『奇跡を起こすたった1ページのノート術』

たった1ページで人生は変わる!

「はじめに」前段より
ノートの使い方ひとつで人生が変わる、しかも、たった1ページで奇跡が起こせるというと、そんなのあり得ないという人もいるだろう。でも、ノートの使い方をちょっと工夫するだけで間違いなく昨日とは違う自分に気づくはずだ。

もっと見る
214-0330b
作者:碓井孝介  出版社:三笠書房  出版年:2016年6月 

『頭のいい人は暗記ノートで覚える!』

重要なのは、「頭のいい覚え方」を知っているかどうか――。

「冒頭文」より
本を読んでも、時間がたつと忘れてしまう。いくら勉強しても、専門知識がなかなか身につかない……。
もし、あなたに心当たりがあったとしても、悲観することはありません。
それは元々の「才能」や「能力」とは、まったく別の問題。

もっと見る
214-0330a
作者:北山節子  出版社:日本実業出版社  出版年:2002年12月 

『元祖カリスマ店長が明かす 「売れるお店」のマル秘ノート』

販売員が競って書きこむ報連相ノートがあれば、売り場一丸となった接客ができる

「報連相ノート」より
報連相ノートは「5W3H」が鉄則
業務上の連絡事項を書きこむノートはどこの会社にもあると思うが、接客業では、これを100%機能させることで、スタッフが一丸となった接客ができるようになる。

もっと見る
211-4
作者:木田尚也  出版社:ぱる出版  出版年:2002年8月 

『仕事で差がつくメモ術・ノート術』

いくら仕事とはいえ、いちいち書き込むのはめんどうくさい・・・

「表紙カバー」より
「メモとかノートをつけなくても、何とかならないか」多くのビジネスマンにとって、これが偽らざる本音ではないでしょうか。
同時に、多くのビジネスシーンで、メモ・ノートの必要性を感じていることでしょう。

もっと見る
image28
作者:中川 裕  出版社:ぱる出版  出版年:2006年4月 

『頭のいい人がしている仕事のメモ術・ノート術』

仕事で即使えるメモ・ノート基本テクニック

「はじめに」より
 まず、「メモ」「ノート」をどんどん書こう、仕事で活かそう、というのが本書のねらいだ。
 メモを取り・ノートに書けば、大事な情報が記録される。記録することにより、情報は自分の知識になったり、仕事のノウハウになったりする。
 また、書くという行為そのものがよい刺激になる。

もっと見る
image38
作者:久米信行  出版社:日本実業出版社  出版年:2009年9月 

『考えすぎて動けない人のための 「すぐやる!」技術 実践ノート』

あなたはなぜ、動けないのか?

「はじめに」より
本書、『「すぐやる!」技術 実践ノート』は、
前著『「すぐやる!」技術』や、
新著『「認められる!」技術』のエッセンスをわかりやすくまとめたうえで、大幅に加筆した新作です。

もっと見る
214-3
作者:和田秀樹  出版社:PHP研究所  出版年:2003年12月 

『【図解】和田式・脳力倍増ノート』

メモ術、ノート術がうまくなれば、アウトプットも増える

「CHARTER 4」より
・ノートは余白をつくって、あとで必ず見直すこと
・メモやノートは、単純ミスを少なくする
・パソコンの時代だからこそ、手書きのノートを見直そう

もっと見る
image7
作者:一戸 敏  出版社:日本能率協会マネジメントセンター  出版年:2007年4月 

『売れる営業に変わる1日習慣チェックノート』

自分は何でこんなに売れない営業マンなんだろうか・・・

「おわりに」より
一戸の営業マン人生はこの疑問(自分は何でこんなに売れない)を解決することから始まったような気がします。
そして、その疑問を解決するために、人並み以上の努力をしてきたつもりです。
ただし、がむしゃらに努力をしてきたわけではありません。

もっと見る
image35
作者:津田 晃  出版社:かんき出版  出版年:2010年2月 

『「売る力」ノート』

ビジネスの基本は売る力であり、営業発想だ

「まえがき」より
私の約30年間にわたる野村證券での生活は、一時、人事の仕事をした以外はほとんどの期間、営業の仕事を――。その後の10年余は、ジャフコや日本ベンチャーキャピタルで、ベンチャー企業の支援・育成という仕事を――してきました。

もっと見る
image5
作者:美崎栄一郎  出版社:学研パブリッシング  出版年:2015年6月 

『ノート術(ムック) ミスがなくなり、アイデアが生まれ、目標を達成できる』

美崎流ノート術で仕事が変わる

「PROLOGUE」より
経験をたくさん積んだ人ほど、ビジネスで価値があることは、みんな知っています。
同時に、経験したことをすべて覚えていけるほど、社会人の仕事は、簡単ではありません。
たとえば、会議ひとつをとってもそう。だからこそ、議事録をノートに記録しているはずです。ですが、議事録の書き方を習う機会はありません。

もっと見る