Loading...

ノートを知るNote

を知る
232-2
作者:小倉清一郎  出版社:竹書房  出版年:2015年7月 

『小倉ノート 』

甲子園の名参謀が明かす「トップチーム」の創り方

「表紙カバー」より
オレが書いて選手に渡してきたデータを、世間では「小倉メモ」とか「小倉ノート」とか呼んでいるようだが(中略)、
「戦略」と「育成」のすべてがこの1冊に詰まっている。(本文から抜粋)

もっと見る
232-1
作者:高校野球ドットコム編集部  出版社:KKベストセラーズ  出版年:2013年8月 

『野球ノートに書いた甲子園』

もう一つの高校野球のストーリー

「目次」より」
Note 1 野球ノートに書いた甲子園(高川学園高校)
Note 2 日本一、心を持った日誌(小山台高校)
Note 3 成功するノート(弥栄高校)
Note 4 自分だけの「野球教科書」(日本文理高校)
Note 5 失敗ノート(春江工業高校)

もっと見る
231-2
作者:福永淑子  出版社:柴田書店  出版年:2011年8月 

『フランス料理メニューノート』

「メニューの言葉を巡る旅」が面白い!

「目次」より
フランス語でメニューを書く~本書の使い方~
用例の出典
料理とデザート
スタイルの表現
メニュー用語

もっと見る
231-1
作者:宇都宮庸子  出版社:PHP研究所  出版年:2009年12月 

『野菜大好き!ノート』

もっとおいしく、もっと元気に

「野菜とは」より
辞典では:生食または調理して、主に副食用とする草本作物の総称(広辞苑)
統計上では:食用に供される草木性植物で加工度の低いまま副食物として利用されるもの(農水省の定義)

もっと見る
41JBH5lnNHL__SX334_BO1,204,203,200_
作者:槇村さとる  出版社:幻冬舎  出版年:2006年3月 

『スタイル・ノート』

世間並みの価値観で人生や幸せが計れてしまうような錯覚。でも、それは錯覚にすぎない。

「はじめに」より
買い物した後で、「私、何でこんなものを買ってしまったのかしら」と、自己嫌悪に陥ったことではありませんか? 私は20代、30代の頃、よくそうした後悔をしていました。
お金さえ持っていれば、大抵のものは手に入るものです。でも、心は満たされているでしょうか。

もっと見る
41UOI-7SzaL
作者:富澤敏彦  出版社:小学館  出版年:2008年9月 

『大人の速書ノート』

富澤敏彦の「きれいな字を書く技術」

「目次」より
第1章■速書法(=行書)の基礎知識
行書の字形・草書の字形/行書の特徴/回転運動でつなげる/往復運動でつなげる/全部はつなげません/つなげるのは実画とは限りません/ゆっくり、速書/往復運動を使って書いてみましょう/点画を省略することも/行書の入り口〝速書き楷書〟

もっと見る
51QEa0jNb0L
作者:江守克彦  出版社:文芸社  出版年:2014年10月 

『イリノイ大学 スケッチ・ノート 改 ―愛、そして、悠久と瞬―』

大学の町に異文化の風が吹き荒れ、小さなカオス(混沌)が・・・

「はじめに」より
アメリカ合衆国の中西部、大都市シカゴから飛行機で約一時間の距離を飛べば、そこは一面見渡す限りの大草原と大豆、トウモロコシの畑であった。その中にポツンとその町はある。アーバナ・シャンペインである。

もっと見る
233-0403a
作者:染森健一  出版社:オーム社  出版年:2012年11月 

『なぞってカンタン! 植物・動物スケッチ練習ノート』

動植物を描くことは分類学や、解剖学、進化生物学、数学などの分野にもつながります。

「はじめに」中段より
植物や動物は、人の作った道具や建物と異なり、生命を持って生きているもの、自然が生み出したものです。植物や動物を観察するということは、少し大げさに言うと自然の仕組みを理解することにつながっています。

もっと見る
234-4
作者:重盛佳世  出版社:マガジンハウス  出版年:2014年4月 

『全くダメな英語が1年で話せた! アラフォーOL Kayoの『秘密のノート』とことん初級編』

留学生から好評を博す『秘密のノート』の第2弾

「はじめに」より
2013年、私がイギリス留学時代にまとめていた“ノート”が1冊の本(「全くダメな英語が1年で話せた! アラフォーOL Kayoの『秘密のノート』)になりました。
そして、予想を超えるたくさんの方々に読んでいただきました。

もっと見る
234-3
作者:エディシォン・ドゥ・パリ編  出版社:エディシォン・ドゥ・パリ&アシェット婦人画報社  出版年:2010年4月 

『パリジェンヌのノートのつくり方』

パリジェンヌのセンスは、彼女たちのユニークなノートで磨かれる

「Chapter 1」より
パリジェンヌは旅の思い出やとっておきのアイデアを、ノートにスクラップしたり、コラージュして、日々の暮らしや仕事に活用するのが大好き。
旅の思い出ノート、レシピノート、スタイリングノートまで、彼女たちのクリエイティブなノートの使い方を紹介!

もっと見る