Loading...

ノートを知るNote

を知る
41JBH5lnNHL__SX334_BO1,204,203,200_
作者:槇村さとる  出版社:幻冬舎  出版年:2006年3月 

『スタイル・ノート』

世間並みの価値観で人生や幸せが計れてしまうような錯覚。でも、それは錯覚にすぎない。

「はじめに」より
買い物した後で、「私、何でこんなものを買ってしまったのかしら」と、自己嫌悪に陥ったことではありませんか? 私は20代、30代の頃、よくそうした後悔をしていました。
お金さえ持っていれば、大抵のものは手に入るものです。でも、心は満たされているでしょうか。

もっと見る
41UOI-7SzaL
作者:富澤敏彦  出版社:小学館  出版年:2008年9月 

『大人の速書ノート』

富澤敏彦の「きれいな字を書く技術」

「目次」より
第1章■速書法(=行書)の基礎知識
行書の字形・草書の字形/行書の特徴/回転運動でつなげる/往復運動でつなげる/全部はつなげません/つなげるのは実画とは限りません/ゆっくり、速書/往復運動を使って書いてみましょう/点画を省略することも/行書の入り口〝速書き楷書〟

もっと見る
234-4
作者:重盛佳世  出版社:マガジンハウス  出版年:2014年4月 

『全くダメな英語が1年で話せた! アラフォーOL Kayoの『秘密のノート』とことん初級編』

留学生から好評を博す『秘密のノート』の第2弾

「はじめに」より
2013年、私がイギリス留学時代にまとめていた“ノート”が1冊の本(「全くダメな英語が1年で話せた! アラフォーOL Kayoの『秘密のノート』)になりました。
そして、予想を超えるたくさんの方々に読んでいただきました。

もっと見る
234-3
作者:エディシォン・ドゥ・パリ編  出版社:エディシォン・ドゥ・パリ&アシェット婦人画報社  出版年:2010年4月 

『パリジェンヌのノートのつくり方』

パリジェンヌのセンスは、彼女たちのユニークなノートで磨かれる

「Chapter 1」より
パリジェンヌは旅の思い出やとっておきのアイデアを、ノートにスクラップしたり、コラージュして、日々の暮らしや仕事に活用するのが大好き。
旅の思い出ノート、レシピノート、スタイリングノートまで、彼女たちのクリエイティブなノートの使い方を紹介!

もっと見る
234-2
作者:宇田川一美  出版社:技術評論社  出版年:2011年4月 

『イラストとクラフトで手づくりライフログノート』

自分のあれこれを記録する“わたしだけ”の採集帖

「手づくりライフログノートとは・・・?」より
1ピースのケーキをゆっくり味わったり、一本の映画を何度でも思い返してみたり。
小さな出来事を最大限に楽しみたい……。よくばりな私は、そうしていつの頃からか、体験したことをイラストに描くようになりました

もっと見る
image62
作者:蘇 輝国  出版社:マイナビ  出版年:2014年8月 

『囲碁人ブックス 定石のマル秘ノート』

プロの実践では打たれなくなった定石とは

「まえがき」より
序盤の研究が進んだことによって、昔は定石とされていたワカレが打たれなくなることが多くなってきました。
たくさんのプロ棋士が過去の常識を見直した結果、互角だと言われていた進行に優劣があるとわかったからです。

もっと見る