Loading...

ノートを知るNote

を知る
232-4
作者:カルロ・アンチェロッティ  出版社:河出書房新社  出版年:2010年5月 

『アンチェロッティの戦術ノート』

戦術は重要な側面ではあるが、決してそのすべてではない

「はじめに」より
私が日本の海外サッカー専門誌『ワールドサッカーダイジェスト』に寄稿を始めたのは、ユヴェントスFCの監督を引いた後、充電のための時間を過ごしていた2001年のことだ。

もっと見る
233-4
作者:染森健一  出版社:オーム社  出版年:2016年7月 

『なぞってカンタン! パースグリッドスケッチ練習ノート』

図法に基づく立体フォルムの描き方

「はじめに」より
「立体スケッチ練習ノート」のシリーズは本書で3冊目となります。いろいろな立体物をさまざまな図法を使って描くというのが共通のテーマですが、本書では特にパースグリッド法を詳しく取り上げました。

もっと見る
233-3
作者:中島清隆  出版社:グラフィック社  出版年:2004年7月 

『透明水彩 野の花スケッチノート』

描き順がわかれば、誰にでも花の絵は描けます

「はじめに」より
花の観察の仕方や描き順、色を塗る手順を、花ごとにまとめました。
初心者にもわかるように解説しました。

もっと見る
232-3
作者:堀野博幸  出版社:ブックマン社  出版年:2016年9月 

『こころを強くする「夢ノート」』

トップアスリートが実践するルーティンワーク

「表紙カバー」より
あなたのこころの中には大きな潜在能力、即ち夢体力の源泉が眠っています。簡単なことからノートにポジティブなことを書き続けることで、脳細胞を活性化し、こころの潜在能力を呼び起こします。
気がついたら、夢体力がぐんぐん高まり、あなたのこころと身体は「夢実現体質」へと変貌しています。
そして、あなたは夢への道しるべに沿って歩み始めていることでしょう。

もっと見る
234-2
作者:宇田川一美  出版社:技術評論社  出版年:2011年4月 

『イラストとクラフトで手づくりライフログノート』

自分のあれこれを記録する“わたしだけ”の採集帖

「手づくりライフログノートとは・・・?」より
1ピースのケーキをゆっくり味わったり、一本の映画を何度でも思い返してみたり。
小さな出来事を最大限に楽しみたい……。よくばりな私は、そうしていつの頃からか、体験したことをイラストに描くようになりました

もっと見る
image62
作者:蘇 輝国  出版社:マイナビ  出版年:2014年8月 

『囲碁人ブックス 定石のマル秘ノート』

プロの実践では打たれなくなった定石とは

「まえがき」より
序盤の研究が進んだことによって、昔は定石とされていたワカレが打たれなくなることが多くなってきました。
たくさんのプロ棋士が過去の常識を見直した結果、互角だと言われていた進行に優劣があるとわかったからです。

もっと見る
image61
作者:生田貴子  出版社:日本写真印刷  出版年:2006年9月 

『新カルチャーシリーズ 色鉛筆レッスンノート』

興味があればセンスは鍛えることができます

「はじめに」より
絵が描けたらいいなと思っても
「自分は絵が描けない」と決めつけているヒトがたくさんいると思います。
何でも初めから上手くはできないと分かっているのに、絵に関しては上手に描けなかったとたん簡単にあきらめてしまう・・・。

もっと見る
image60
作者:水谷高英  出版社:総合出版  出版年:2007年5月 

『野鳥フィールドノート』

スケッチで楽しむバードウォッチング

「冒頭文」より
いつ、どこで、どんな野鳥と出会ったのか?
こつこつと書き留めたフィールドノートは、それだけでも価値のある観察記録です。
でも、もうひと工夫――フィールドノートに簡単なスケッチを書き入れてみませんか。別に上手に書く必要はありません。

もっと見る
image59
作者:中村俊輔  出版社:文藝春秋  出版年:2009年9月 

『夢をかなえるサッカーノート』

サッカーノートを見せるならヌードを披露する方がまだマシ

「prologue ノートを公開する前に」後段より
中学進学と同時に横浜マリノス(現・横浜F・マリノス)のジュニアユースチームに加入した僕は、2年生までは順調だった。一つ上の先輩に交じってレギュラーで試合にも出ていた。中学生といえども、次第にみんな筋力トレーニングに励み、フィジカルを上げていく。

もっと見る
image58
作者:松本 翔  出版社:カンゼン  出版年:2016年2月 

『「走り」の偏差値を上げる マラソン上達ノート』

“東大式マラソン思考”で市民ランナーの記録は伸びる!

「表紙カバー」より
“頭”を使えば「走り」の偏差値は一気に上がる。
マラソン練習をがんばっているのに結果が思うように出ない・・・。
市民ランナーのなかには、そんな悩みを抱えている方が少なくありません。

もっと見る