Loading...

ノートを知るNote

を知る
51QEa0jNb0L
作者:江守克彦  出版社:文芸社  出版年:2014年10月 

『イリノイ大学 スケッチ・ノート 改 ―愛、そして、悠久と瞬―』

大学の町に異文化の風が吹き荒れ、小さなカオス(混沌)が・・・

「はじめに」より
アメリカ合衆国の中西部、大都市シカゴから飛行機で約一時間の距離を飛べば、そこは一面見渡す限りの大草原と大豆、トウモロコシの畑であった。その中にポツンとその町はある。アーバナ・シャンペインである。

もっと見る
233-0403a
作者:染森健一  出版社:オーム社  出版年:2012年11月 

『なぞってカンタン! 植物・動物スケッチ練習ノート』

動植物を描くことは分類学や、解剖学、進化生物学、数学などの分野にもつながります。

「はじめに」中段より
植物や動物は、人の作った道具や建物と異なり、生命を持って生きているもの、自然が生み出したものです。植物や動物を観察するということは、少し大げさに言うと自然の仕組みを理解することにつながっています。

もっと見る
233-4
作者:染森健一  出版社:オーム社  出版年:2016年7月 

『なぞってカンタン! パースグリッドスケッチ練習ノート』

図法に基づく立体フォルムの描き方

「はじめに」より
「立体スケッチ練習ノート」のシリーズは本書で3冊目となります。いろいろな立体物をさまざまな図法を使って描くというのが共通のテーマですが、本書では特にパースグリッド法を詳しく取り上げました。

もっと見る
233-3
作者:中島清隆  出版社:グラフィック社  出版年:2004年7月 

『透明水彩 野の花スケッチノート』

描き順がわかれば、誰にでも花の絵は描けます

「はじめに」より
花の観察の仕方や描き順、色を塗る手順を、花ごとにまとめました。
初心者にもわかるように解説しました。

もっと見る
image61
作者:生田貴子  出版社:日本写真印刷  出版年:2006年9月 

『新カルチャーシリーズ 色鉛筆レッスンノート』

興味があればセンスは鍛えることができます

「はじめに」より
絵が描けたらいいなと思っても
「自分は絵が描けない」と決めつけているヒトがたくさんいると思います。
何でも初めから上手くはできないと分かっているのに、絵に関しては上手に描けなかったとたん簡単にあきらめてしまう・・・。

もっと見る
image60
作者:水谷高英  出版社:総合出版  出版年:2007年5月 

『野鳥フィールドノート』

スケッチで楽しむバードウォッチング

「冒頭文」より
いつ、どこで、どんな野鳥と出会ったのか?
こつこつと書き留めたフィールドノートは、それだけでも価値のある観察記録です。
でも、もうひと工夫――フィールドノートに簡単なスケッチを書き入れてみませんか。別に上手に書く必要はありません。

もっと見る