Loading...

ノートを知るNote

を知る
232-2
作者:小倉清一郎  出版社:竹書房  出版年:2015年7月 

『小倉ノート 』

甲子園の名参謀が明かす「トップチーム」の創り方

「表紙カバー」より
オレが書いて選手に渡してきたデータを、世間では「小倉メモ」とか「小倉ノート」とか呼んでいるようだが(中略)、
「戦略」と「育成」のすべてがこの1冊に詰まっている。(本文から抜粋)

もっと見る
232-1
作者:高校野球ドットコム編集部  出版社:KKベストセラーズ  出版年:2013年8月 

『野球ノートに書いた甲子園』

もう一つの高校野球のストーリー

「目次」より」
Note 1 野球ノートに書いた甲子園(高川学園高校)
Note 2 日本一、心を持った日誌(小山台高校)
Note 3 成功するノート(弥栄高校)
Note 4 自分だけの「野球教科書」(日本文理高校)
Note 5 失敗ノート(春江工業高校)

もっと見る
232-4
作者:カルロ・アンチェロッティ  出版社:河出書房新社  出版年:2010年5月 

『アンチェロッティの戦術ノート』

戦術は重要な側面ではあるが、決してそのすべてではない

「はじめに」より
私が日本の海外サッカー専門誌『ワールドサッカーダイジェスト』に寄稿を始めたのは、ユヴェントスFCの監督を引いた後、充電のための時間を過ごしていた2001年のことだ。

もっと見る
232-3
作者:堀野博幸  出版社:ブックマン社  出版年:2016年9月 

『こころを強くする「夢ノート」』

トップアスリートが実践するルーティンワーク

「表紙カバー」より
あなたのこころの中には大きな潜在能力、即ち夢体力の源泉が眠っています。簡単なことからノートにポジティブなことを書き続けることで、脳細胞を活性化し、こころの潜在能力を呼び起こします。
気がついたら、夢体力がぐんぐん高まり、あなたのこころと身体は「夢実現体質」へと変貌しています。
そして、あなたは夢への道しるべに沿って歩み始めていることでしょう。

もっと見る
image59
作者:中村俊輔  出版社:文藝春秋  出版年:2009年9月 

『夢をかなえるサッカーノート』

サッカーノートを見せるならヌードを披露する方がまだマシ

「prologue ノートを公開する前に」後段より
中学進学と同時に横浜マリノス(現・横浜F・マリノス)のジュニアユースチームに加入した僕は、2年生までは順調だった。一つ上の先輩に交じってレギュラーで試合にも出ていた。中学生といえども、次第にみんな筋力トレーニングに励み、フィジカルを上げていく。

もっと見る
image58
作者:松本 翔  出版社:カンゼン  出版年:2016年2月 

『「走り」の偏差値を上げる マラソン上達ノート』

“東大式マラソン思考”で市民ランナーの記録は伸びる!

「表紙カバー」より
“頭”を使えば「走り」の偏差値は一気に上がる。
マラソン練習をがんばっているのに結果が思うように出ない・・・。
市民ランナーのなかには、そんな悩みを抱えている方が少なくありません。

もっと見る