Loading...

ノートを知るNote

を知る
無題2
作者:田島弓子  出版社:ダイヤモンド社  出版年:2016年10月 

『プレイングマネジャーの戦略ノート術 ――膨大な仕事量とコミュニケーション不足を解消する35の方法』

ノート、手帳、ホワイトボードetc.「アナログ」でプレイングマネジャーの仕事に革命がおこる!

「はじめに」より
●管理職のジレンマ――「終わりなき仕事」との闘い
ある日の午前3時、1通のメールが私のもとに届いていました。知り合いの新任部長のAさんからです。
件名は「ご相談です」。

もっと見る
無題
作者:西山昭彦  出版社:こう書房  出版年:2008年2月 

『40代で始める「最終戦略」ノート』

40代から始める〝人生価値最大化〟とは

「はじめに」後段より
人生の中間決算をする
40代はサラリーマン人生の中間決算をするときである。前半20年の人生をふりかえり、これまでに何が得られて、何を失ったのか。そこから後半20年の人生の方向を見定め、自己再生していく時期である。

もっと見る
image81
作者:午堂登紀雄  出版社:三笠書房  出版年:2007年9月 

『30代で差をつける「人生戦略」ノート』

たった一人、世間に放り出されても「稼ぐことのできる力」とは?

「はじめに」中段より
ブランドの時代といわれますが、それは個人にも当てはまります。パーソナルブランド、つまり自分自身をブランド化することによって、より有利に生き抜いていくことが可能であるということです。
世の中はますます、努力と工夫をする個人の成功を後押ししてくれるようになってきています(中略)。

もっと見る
322-3
作者:笠巻勝利  出版社:PHP研究所  出版年:2001年11月 

『[最新版]営業管理職の戦略ノート』

「企業の三大目標」は、「売上げ増」「利益増」「シェア・アップ」

「はじめに」より
営業管理職は、どんな心構えで日常の営業活動に取り組めばいいのだろうか。
いま、起業は管理者に対して、「経営職」という意識で業務に取り組むように望んでいる。「経営者」は、通常、取締役以上の人たちである。

もっと見る
image82
作者:大前研一監修  出版社:プレジデント社  出版年:2012年8月 

『企業参謀ノート[入門編]』

つねにお客様発想ができないと、あなたが提供する“中身”の価値はゼロに近づく!

「この本の刊行にあたって」(プレジデント書籍編集部)より
1975年に弊社から刊行された『企業参謀』、そして1977年の『続・企業参謀』はかなりの人気の高さから、1999年には正・続合わせた『新装版・企業参謀』として1冊の本にリニューアルされました。そしてその人気と読者からの評価は現在も衰えることなく、毎年、版を重ねております。

もっと見る
image83
作者:ロバート・レスター  出版社:日経BP社  出版年:2000年7月 

『ウェルチの戦略ノート』

GEを米国で最も成功した企業に育て上げた経営戦略とは

「本書の使い方」より
ジャック・ウェルチが世界で最も評価の高いCEOであることは間違いない。
1998年の冬には、数多くの称賛がウェルチに集まっている。これまでで最高の経営者という評価も少なくない。

もっと見る