Loading...

ノートを知るNote

を知る
311-4
作者:梅澤伸嘉  出版社:かんき出版  出版年:2013年6月 

『「アイデア」を「お金」に変える思考ノート』

どんな時代でも生き抜く! 利益を出す人の6つの条件とは?

「表紙カバー」より
●夢が追える人
●夢を仲間とシェアできる人
●夢の達成のためなら何でもできる人
●先見性があり、目標設定のうまい人
●折衝力のある人
●モノマネが大嫌いな人

もっと見る
311-3
作者:佐々木直彦  出版社:日本能率協会マネジメントセンター  出版年:2012年12月 

『考えるノート』

どんなに混乱していても、1冊のノートで、あなたの答えが見えてきます

「プロローグ」より
本書の目的は、どんなときでも「良い思考」を生み出せるノートの使い方をお伝えすることです。
良い思考法は、問題解決と夢実現を可能にする最大のカギです。

もっと見る
image72
作者:駒井伸俊  出版社:アスコム  出版年:2010年4月 

『考えがまとまる! フィッシュボーン実践ノート術』

フィッシュボーンなら結果に直結するアクションが見える!

「はじめに」の後半部分より
さまざまな場面で使える画期的なノート術をおすすめします。それこそ、フィッシュボーンです。名前の通り、「魚の骨の形」にノートをとっていく、図解のノート術です。書き方はいたってシンプル。魚の頭、背骨、骨、骨……と書いていくだけ。

もっと見る
image71
作者:山崎亮  出版社:アスコム  出版年:2015年12月 

『山崎亮とstudio-Lが作った問題解決ノート』

困ったときに課題を解決するためのヒントとなる本

「はじめに」より
困ったときに課題を解決するためのヒントとなる本、これが本書の目指すところです。
世の中にはいろいろな仕事術の本があります。でも、困ったことを解決するためにすぐに使えるかというと難しいものがあります。

もっと見る
312-4
作者:MdN編集部  出版社:エムディエヌコーポレーション  出版年:2011年5月 

『困ったときに開く、デザインのアイデアノート』

デザイナーによるデザイナーのための「アイデアノート」

「はじめに」より
もっといいデザインにしたい。
でも、思うようにアイデアが出ない。
本書は、そんなときに開いていただきたい
デザイナーによるデザイナーのための「アイデアノート」です。

もっと見る
image68
作者:松月美月  出版社:自由国民社  出版年:2009年7月 

『アイデアがどんどん生まれる魔法のノート』

「アイデアがなかなか…」「企画がうまく…」とお嘆きの方に

「プロローグ」より
私が考案した“アイデアテンプレート”を使えば、かんたんにアイデアを生み出すことができ、ビジネスにつながる形にまとめられ、企画書も悩むことなくスムーズに作成できます。
まさにこの本は、タイトルにあるように「アイデアがどんどん生まれる魔法のノート」なのです。

もっと見る
image76
作者:ジョー・キタ  出版社:三笠書房  出版年:2001年10月 

『百人の父から息子へ 「8つの知恵」ノート』

責任ある父親・信頼される父親の〝人生哲学〟

訳者・マークス寿子氏の「表紙カバー」の言葉より
父親の役割とはなんだろう。
息子には〝人生の先輩〟として、生き抜くための言葉を授け、
娘には〝初めての男〟として、将来の指針となる愛情を注ぐ――。

もっと見る
image75
作者:小野田博一  出版社:PHP研究所  出版年:2013年8月 

『13歳からの思考実験ノート』

自分で考えるための61の練習問題

「かんがえるのは、あなた!」より
本書は、思考実験をして楽しむ本です。
思考実験とは、頭(思考)の中で行う実験のことです(詳しくは第1章で説明します)。
面白さ、興味深さ、殊に知的な楽しさ、を追求した結果が本書です。

もっと見る
image74
作者:高橋宣行  出版社:日本実業出版社  出版年:2012年7月 

『高橋宣行の発想ノート』

20代から始めよう『クリエイティブ資産づくり』

「はじめに」後段より
一緒に、「自前の発想読本」づくりを
考える基本姿勢は、一生目減りしない資産そのものです。
今回、いろいろなアプローチの内容をギューツと凝縮し、1冊の「発想ルールブック」としてノートにまとめてみました。

もっと見る
image73
作者:倉下忠憲  出版社:技術評論社  出版年:2012年8月 

『Evernoteとアナログノートによるハイブリッド発想術』

アイデアを出すことができなくても、そのやり方を学ぶことはできます

「はじめに」より
「アイデアなんて、自分には考えられない」
「アイデアなんて、自分には考えもつかない」
「アイデアなんて、自分には考えられるはずもない」
本書はそういう人に向けて、「それって本当ですか?」と疑問を投げかける本です。

もっと見る