Loading...

ノートを知るNote

を知る
image70
作者:ブレーン編集部  出版社:宣伝会議  出版年:2014年6月 

『トップクリエイター26人のアイデアノート』

クリエイターの頭の中を覗いてみたい

「巻頭文」より
それなら彼らが付けているノートを見れば、思考の片鱗がうかがえるかもしれない・・・・・・。
そんな思いから、さまざまな分野で目覚ましい活躍を見せるクリエイター26人に密着取材を敢行。

もっと見る
image69
作者:吉澤ゆか  出版社:アスキー・メディアワークス  出版年:2011年8月 

『アイデアがあふれ出す 行動が加速する 1本線ノート術』

自分の行動はノートの取り方しだいで変えられる!

「はじめに」後段より
この本では、誰でも今すぐ始められる1本線ノート術の基本的な使い方を第2章で、実際の活用例を第3章で数多く紹介しています。これまで挙げた効果以外に、1本線ノート術が具体的にどのような用途に使えるのか、ぜひ本書で確かめてみてください。

もっと見る
image67
作者:松宮義仁  出版社:徳間書店  出版年:2008年11月 

『A6ノートで思考を地図化しなさい』

松宮さんは、なぜそんなにアイデアが湧いてくるんですか?

「はじめに」より抜粋
多くのヒット商品の開発やプロデュースをわたしが手掛ける姿を見て、「松宮さんは、なぜそんなにアイデアが湧いてくるのだろう?」
と不思議に思う人が多かったようです。
正直、最初は自分でもその理由がよくわかっていませんでしたが、同様の質問をもらうにつれ、その理由について、いろいろと考えてみることにしたのです。

もっと見る
image66
作者:午堂登紀雄  出版社:ビジネス社  出版年:2008年9月 

『脳を「見える化」する思考ノート』

プロのコンサルタントの仕事術とは

「表紙カバー」より
1)B5ノート一冊に、仕事もプライベートもすべて情報を書き込む
2)目標・ToDoリスト・打ち合わせメモ・読書メモ・アイデアメモなどあらゆる発想を書き留める
3)書き留めるときは、キーワードを線や矢印でつないで関連性を持たせるようにする
4)後から何度も見直し、加筆し発展させる――

もっと見る
image65
作者:苫米地英人  出版社:オーブン・エンド  出版年:2009年12月 

『苫米地 思考ノート術』

私の理論を実践するうえで、理想的な形が「ノート」なのです

「はじめに」より
ここ3年ほど、私はさまざまなテーマで本を書いてきました。
これまでの本では、どちらかというと、理論や練習方法について述べてきましたが、そろそろ、それらの本に書いてきたことを一つにまとめ、実際にみなさんに使ってもらえる形にしたいと思っていました。

もっと見る
image64
作者:増田剛己  出版社:幻冬舎  出版年:2009年5月 

『思考・発想にパソコンを使うな』

「知」の手書きノートづくり

「まえがき」後段より
メモとノート。この言葉は同じように使われることが多いが、メモとノートは別物である。文学者や著名人の「ノート」を研究してわかったことは、彼らは「メモ」を進化させ、「ノート」にまとめ、それを活用しているということだった。

もっと見る