Loading...

ノートを知るNote

を知る
131-2
作者:高津和彦  出版社:中経出版  出版年:2009年12月 

『1日5分 自分を変える練習ノート』

1カ月で「デキる自分」に変わるには?

「表紙カバー」より
「これからの人生をどう生きていくべきか? そのために今やっておくべきことは何か?」
日頃わたしはプレゼンや話し方の講座で指導をしている。
話すことを指導するにあたって、2つの要素があげられる。

もっと見る
131
作者:奥野宣之  出版社:ダイヤモンド社  出版年:2010年11月 

『人生は1冊のノートにまとめなさい~体験を自分化する「100円ノート」ライフログ~』

ライフログとは「人生そのまま」を記録すること

序章 ライフログノートで体験を「資産」にする より
この本のテーマは「ライフログ」です。
初めてこの言葉を聞いた人も多いでしょうから、説明しておきます。
「ライフログ(life log)とは、文字通り、「人生や日々(ライフ)の記録(ログ)」のこと。

もっと見る
114-2
作者:トニー・ブザン  出版社:ダイヤモンド社  出版年:2006年11月 

『勉強が楽しくなるノート術――マインドマップ』

マインドマップは、最強のパートナー

「表紙カバー」より
・想像力が豊かになる。アイデアがたくさん出てくる。
・問題解決の力がつく。
・計画性が高まる。
・記憶力がとても良くなる。
・集中力がすごくなる。宿題も半分の時間でできる。
・テストで簡単にいい点がとれる。

もっと見る
114
作者:武藤英夫  出版社:フレーベル館  出版年:2010年7月 

『学ぶ力がぐんぐん伸びる! 辞書引き術とノート術』

どうして「辞書引き」と「ノート」なの?

「はじめに」より
毎日の生活の中には、たくさんの「なぜ?」「どうして?」がかくれています。
好奇心や興味をもって、「なぜ?」や「どうして?」に向き合うと、
学ぶことがおもしろくなってくるはずです。

もっと見る
134-0330a
作者:櫻井 弘  出版社:永岡書店  出版年:2014年2月 

『大人なら知っておきたい モノの言い方サクッとノート』

言い方を変えるだけで相手の印象が変わります

「はじめに」より
モノの言い方というと、「論理的に話すことをやめ、ちゃんと説明できることが大切なんだろう」。
そう思う方が多いかもしれません。

もっと見る
133-0330b
作者:NPO法人 ら・し・さ  出版社:金融財政事情研究会  出版年:2015年3月 

『終活のリアル』

どうしてあの人はエンディングノートを書くのか

「はじめに」より
NPO法人 ら・し・さが、「ラスト・プランニングノート」を発行した2004年当時は、「エンディングノート」イコール「お葬式ノート」あるいは、「遺言ノート」とみなされていて、縁起でもないと忌み嫌う人もいました。

もっと見る
133-0330
作者:ケアチームジャパン編集  出版社:ケアチーム発行  出版年:2011年11月 

『ケアチームジャパンエンディングノート国際版』

異文化圏で人生の終盤を迎えられる人向けのエンディングノート

「はじめに」より
NALC(ニッポン・アクティブライフ・クラブ)が企画・編集して産声をあげた「エンディングノート」は、平成15年の初版以来、大変な好評につき何度も版を重ねてきました。旅立つものが、残されるものへの大切な記録や思いを書き残しておくというのがその趣旨ですが、それは同時に自分の人生を心穏やかに振り返り、心の整理をするという、またとない機会にもなるものです。

もっと見る
132-2
作者:金田博之  出版社:日本実業出版社  出版年:2011年2月 

『29歳からの人生戦略ノート』

期待と不安の狭間で揺れる20代、30代

「まえがきに代えて」より
「目の前のことを一所懸命やっているのに将来の不安が消えない」
「今の仕事のほかにも、もっと向いている仕事があるんじゃないか?」
「自分の力はどこまで通じるのだろうか?」

もっと見る
124-2
作者:唐沢俊一  出版社:幻冬舎  出版年:2000年8月 

『古本マニア雑学ノート』

古書展では目の位置より少し高いところに良い物件が並べられることが多い。

「エピローグ」より
「走らないでくださいッ! お静かに願いますッ!」
エレベーターのドアが開いたとたん、デパートの店員さんの声も聞かばこそ、あふれるように走り出た客たちは、遅れを取り戻そうと、一斉に会場に向かって走り出した。

もっと見る
112-2
作者:NHK『テストの花道』制作チーム&主婦と生活ライフ・プラス編集部  出版社:主婦と生活社  出版年:2013年3月 

『NHKテストの花道 勉強力がぐんとアップする 合格ノート術』

百聞は一見にしかず、まずは本書の中をのぞいてみてほしい

「本書のご紹介」より
やあ、みんな。わしの名前はトーノ。ノート星の将軍じゃ。
この本のナビゲーターとして、ときどき、たまーに、ポチポチッと登場するので以後お見知りおきを。

もっと見る