Loading...

ノートを知るNote

を知る
114-2
作者:トニー・ブザン  出版社:ダイヤモンド社  出版年:2006年11月 

『勉強が楽しくなるノート術――マインドマップ』

マインドマップは、最強のパートナー

「表紙カバー」より
・想像力が豊かになる。アイデアがたくさん出てくる。
・問題解決の力がつく。
・計画性が高まる。
・記憶力がとても良くなる。
・集中力がすごくなる。宿題も半分の時間でできる。
・テストで簡単にいい点がとれる。

もっと見る
114
作者:武藤英夫  出版社:フレーベル館  出版年:2010年7月 

『学ぶ力がぐんぐん伸びる! 辞書引き術とノート術』

どうして「辞書引き」と「ノート」なの?

「はじめに」より
毎日の生活の中には、たくさんの「なぜ?」「どうして?」がかくれています。
好奇心や興味をもって、「なぜ?」や「どうして?」に向き合うと、
学ぶことがおもしろくなってくるはずです。

もっと見る
112-2
作者:NHK『テストの花道』制作チーム&主婦と生活ライフ・プラス編集部  出版社:主婦と生活社  出版年:2013年3月 

『NHKテストの花道 勉強力がぐんとアップする 合格ノート術』

百聞は一見にしかず、まずは本書の中をのぞいてみてほしい

「本書のご紹介」より
やあ、みんな。わしの名前はトーノ。ノート星の将軍じゃ。
この本のナビゲーターとして、ときどき、たまーに、ポチポチッと登場するので以後お見知りおきを。

もっと見る
513qg4w4jnL__SX345_BO1,204,203,200_3
作者:後藤武士  出版社:大和書房  出版年:2007年10月 

『このノートで成績は必ず上がる! 受験・塾・定期テスト…実践で勝てる!』

成績がいい子の秘密はノートにあり!

「ノート本来の意味」より
noteという言葉には、名詞として「覚え書き」「メモ」という意味の他に「特徴」「重要な要素」なんて意味もあります。また動詞として、「注意深く観察する」「特筆する」「気づく」「注意する」といった意味も含んでいます。
それがbook、つまり冊子の状態になっているのが本来のnotebook、すなわちノートなのです。

もっと見る
%e5%8b%89%e5%bc%b7%e3%81%8c%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%82%8b
作者:トニー・ブザン  出版社:ダイヤモンド社  出版年:2006月11日 

『勉強が楽しくなるノート術――マインドマップ』

マインドマップは、最強のパートナー

「表紙カバー」より
・想像力が豊かになる。アイデアがたくさん出てくる。
・問題解決の力がつく。
・計画性が高まる。
・記憶力がとても良くなる。
・集中力がすごくなる。宿題も半分の時間でできる。
・テストで簡単にいい点がとれる。

もっと見る
%e7%8f%be%e5%bd%b9%e6%9d%b1%e5%a4%a7%e7%94%9f%e3%81%8c%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%82%8b
作者:現役東大生グループ+志望校突破戦略研究会  出版社:ごま書房新社VM  出版年:2009年3月 

『現役東大生がすすめる 合格ノート』

現役東大生が受験勉強に役立つ「上手なノートのとり方」にスポットをあてる

「はじめに」より
受験勉強が、ラクに楽しく、カッコよくこなせて、最後に笑う人になれる。そんなコツがあるとしたら、だれでも知りたいだろう。受験生のほとんどは、正直なところ受験勉強など好きではないだろう。嫌いだからやらない→やらないからわからなくなる→わからないから余計に嫌いになる。こうした勉強における負のスパイラルが何乗にもなっている人が多いのではないだろうか。

もっと見る
%e6%9d%b1%e5%a4%a7%e7%94%9f%e3%81%8c%e6%95%99%e3%81%88%e3%82%8b
作者:高濱正伸監修 東大・小学生ノート研究会編  出版社:新潮社  出版年:20111年7月 

『東大生が教えるぐんぐん「伸びる子」を育むノート術』

東大生のノートは「美しい」といわれていますが、「本当にそうなのか?」

「はじめに」より
東大生のノートは、なぜ汚いのか?
思わずそう呟きたくなるような、やんちゃなノートをはじめ、現役東大生とOB・OGの小学時代のノート二百数十冊を集めて分析したのが本書です。

もっと見る
114-4
作者:赤木かん子  出版社:ポプラ社  出版年:2012年2月 

『先生のための百科事典ノート』

2011年度の小学校、2012年度の中学校各教科書に百科事典や図鑑の使いかたが載るようになった

「はじめに」より
大学図書館や公共図書館の新米司書は、お客さまになにかたずねられて、自動的に体が百科事典のほうを向くようになったら、ようやくタマゴじゃなくなったね、といわれます。

もっと見る
114-3
作者:横溝慎一郎  出版社:すばる舎  出版年:2009年8月 

『資格の合否は「ノート」で決まる!』

資格試験に合格するためには、「明確な目標設定」と「最適な戦略」を

「表紙カバー」より
多くの受験生を、短期合格へと導いてきた名物講師が、すぐに実践できる
「学習の必須技術」を教えます。
・グングン記憶を作る「リバプール学習法」! 
・「1か月駆け込み合格法」も詳しく紹介!etc.

もっと見る
111-4
作者:城野 優  出版社:ごま書房新社  出版年:2013年9月 

『きれいにノートは取るな。こんなにある“間違った勉強の常識”』

こんなにある「間違った勉強の常識」

「はじめに」より
「東大合格生のノートは必ず美しい(文藝春秋)」が大ヒットしたことは記憶に新しいのではないでしょうか?
あの本を開くと、非常にきれいでまるでアートのようなノートの事例が沢山掲載されています。

もっと見る