Loading...

ノートを知るNote

を知る
111-3
作者:長崎快宏  出版社:新講社  出版年:2009年4月 

『わが子を「勉強好き」にさせるノート術』

「科学的勉強法の黄金ルール」3つの法則

「はじめに」より
学校の成績をあげる近道は、「勉強好き」にさせることです。好きな科目と成績が一致するとは限りませんが、「好きこそものの上手なれ」。いつかは得意になるだろうと、悠長に子供の成長を見守る余裕を、親は持ちたいものです。

もっと見る
image13
作者:太田あや  出版社:講談社  出版年:2015年3月 

『東大合格生が小学生だったときのノート』

ノートが書きたくなる6つの約束

「この本をひらいてくれたキミへ」より
小学生のキミは、
毎日のようにノートを書いていると思います。
ノートを書くことを楽しんでいますか?

もっと見る
image12
作者:栄光ゼミナール  出版社:東大ベストセラー出版会  出版年:2009年4月 

『東大式合格ノート術』

記録より記憶 明日から始めようではなく、今この瞬間から始めよう!

「表紙カバー」より
日々のノートの取り方に悩んでいませんか? もっと効率のいいノートの取り方があるのではないかと感じていませんか?
本書はノートの作りの原則を、300冊ものノートから抽出し5つの原則にまとめました。
上手にノートを書くことが目的ではありません。後から見直しやすく、わかりやすく、記憶することが大事なのです。

もっと見る
image11
作者:小沢 淳  出版社:メイツ出版  出版年:2014年2月 

『高校受験で成功する! 中学生の「合格ノート」教科別必勝ポイント55』

なぜ勉強法ではなく、ノートの作り方なのか

「はじめに」より
この本は、合格するための〝勉強法〟を書いた本ではない。〝合格するノートの作り方〟を紹介する本だ。
え? なにが違うの? どうしてノートなの? とキミは思ったかもしれないね。

もっと見る
image10
作者:田村仁人  出版社:ディスカバー・トウェンティワン  出版年:2007年4月 

『アタマが良くなる合格ノート術』

あなたは、ノートを120%活用できていますか?

「まえがき」より
あなたは、ノートを120%活用できていますか?
この本は次のような人のために書きました。
中学、高校、大学入試(一般・推薦)、資格試験の受験生で、
①授業のノートがうまくとれない人
②せっかく作ったノートを、勉強に活用できていない人
③定期試験の成績はいいのに、模試の結果は悪い人

もっと見る
114-2
作者:榎本勝仁  出版社:辰巳出版  出版年:2013年3月 

『ノートまるごと活用術』

カリスマ家庭教師 榎本勝仁のやる気スイッチON!

「はじめに」より
今では、紙のノートは授業で使うだけで、それ以外はスマホのメモ機能やカメラを使ったり、ブログに記録するから使わないという人も多いかもしれません。
しかし、社会人の間ではここ数年、意外にもノートの人気が高まっているのをご存知でしょうか。

もっと見る
114-1
作者:坂本直文  出版社:日本実業出版社  出版年:2009年10月 

『内定に直結する就活ノート術』

数万人の内定者の知恵を集大成しました!

「まえがき」後段より
私は全国各地の大学で、就職対策講座の講師を務めています。これまでに数万人以上の内定者の努力を手伝ってきました。本書には、これらの内定者の知恵、考え方、行動パターンを集大成しました。ここにあなたの創意工夫を加え、さらに力強い就職活動を行ってください。

もっと見る
113-2
作者:吉永賢一  出版社:あさ出版  出版年:2010年11月 

『東大家庭教師の結果が出るノート術』

あなたのノートを劇的に変えるのは、「アウトプット品質」という発想法

「表紙カバー」より
意識するのは、次の5つのマインドです!
①「その場主義」を心がける
②「もったいない」の意識は捨てる
③楽しみながらノートをつくる
④書くこと・書かないことを見極める
⑤元ネタを進化させる

もっと見る
113-1
作者:太田あや  出版社:文藝春秋  出版年:2015年3月 

『東大合格生の秘密の「勝負ノート」』

『東大合格生のノートはかならず美しい』の続編

「はじめに」後段より
東大という目標に向け最後の日まで共に闘った特別なノート、これこそが、彼らを合格へと導いてくれたのです。
本書では、このノートを「勝負ノート」と名づけ、徹底分析をしていきます。

もっと見る
112-2
作者:和田洋和(監修)  出版社:メイツ出版  出版年:2016年2月 

『中学生の「合格ルール」教科別必勝の勉強法60』

高校受験で成功する!

「教科別勉強法 数学 ポイント31」より
〈先生からのアドバイス〉数学を得意にしたいなら「同じ間違いを2度しない」ことをいつも意識しよう。
〈CHECK〉ルール1:間違いは消しゴムで消さない
 ルール2:自分がいつもどこで間違うのかチェックする
 ルール3:間違った問題は時間をおいてもう一度解く

もっと見る