Loading...

ノートを知るNote

を知る
131-2
作者:高津和彦  出版社:中経出版  出版年:2009年12月 

『1日5分 自分を変える練習ノート』

1カ月で「デキる自分」に変わるには?

「表紙カバー」より
「これからの人生をどう生きていくべきか? そのために今やっておくべきことは何か?」
日頃わたしはプレゼンや話し方の講座で指導をしている。
話すことを指導するにあたって、2つの要素があげられる。

もっと見る
131
作者:奥野宣之  出版社:ダイヤモンド社  出版年:2010年11月 

『人生は1冊のノートにまとめなさい~体験を自分化する「100円ノート」ライフログ~』

ライフログとは「人生そのまま」を記録すること

序章 ライフログノートで体験を「資産」にする より
この本のテーマは「ライフログ」です。
初めてこの言葉を聞いた人も多いでしょうから、説明しておきます。
「ライフログ(life log)とは、文字通り、「人生や日々(ライフ)の記録(ログ)」のこと。

もっと見る
134-0330a
作者:櫻井 弘  出版社:永岡書店  出版年:2014年2月 

『大人なら知っておきたい モノの言い方サクッとノート』

言い方を変えるだけで相手の印象が変わります

「はじめに」より
モノの言い方というと、「論理的に話すことをやめ、ちゃんと説明できることが大切なんだろう」。
そう思う方が多いかもしれません。

もっと見る
133-0330b
作者:NPO法人 ら・し・さ  出版社:金融財政事情研究会  出版年:2015年3月 

『終活のリアル』

どうしてあの人はエンディングノートを書くのか

「はじめに」より
NPO法人 ら・し・さが、「ラスト・プランニングノート」を発行した2004年当時は、「エンディングノート」イコール「お葬式ノート」あるいは、「遺言ノート」とみなされていて、縁起でもないと忌み嫌う人もいました。

もっと見る
133-0330
作者:ケアチームジャパン編集  出版社:ケアチーム発行  出版年:2011年11月 

『ケアチームジャパンエンディングノート国際版』

異文化圏で人生の終盤を迎えられる人向けのエンディングノート

「はじめに」より
NALC(ニッポン・アクティブライフ・クラブ)が企画・編集して産声をあげた「エンディングノート」は、平成15年の初版以来、大変な好評につき何度も版を重ねてきました。旅立つものが、残されるものへの大切な記録や思いを書き残しておくというのがその趣旨ですが、それは同時に自分の人生を心穏やかに振り返り、心の整理をするという、またとない機会にもなるものです。

もっと見る
132-2
作者:金田博之  出版社:日本実業出版社  出版年:2011年2月 

『29歳からの人生戦略ノート』

期待と不安の狭間で揺れる20代、30代

「まえがきに代えて」より
「目の前のことを一所懸命やっているのに将来の不安が消えない」
「今の仕事のほかにも、もっと向いている仕事があるんじゃないか?」
「自分の力はどこまで通じるのだろうか?」

もっと見る
Print
作者:コンソーシアムDブレーン  出版社:PHP研究所  出版年:2016年1月 

『経営者のための安心ライフノート』

「事業継承」「資産相続」から「エンディング・ノート」まで

「はじめに」中段より
グローバル化と産業構造の変革の中で、より新鮮な発想力、洞察力、分析力等を求められる昨今、高齢の社長にはいろいろな意味で否応なしに限界がきています。苦悩煩悶しておられる社長の皆さまに、本書は心の平安と安心感を得ていただく一助になるものと信じます。

もっと見る
51DzOitvdCL
作者:坂下 仁  出版社:フォレスト出版  出版年:2016年5月 

『1冊の「ふせんノート」で人生は、はかどる』

あなたのノートや手帳は100%力を発揮しているか?

「冒頭文」より
あなたは、ノートや手帳を100%活用できていますか?
意外かもしれませんが、ノートや手帳を100%活用できていれば、霧が晴れるように悩みの多くが消え失せて思いどおりの人生を送れるようになります。

もっと見る
134-4
作者:ヒュー・プレイサー  出版社:日本教文社  出版年:2006年4月 

『いまここにいるわたしへ 新しい自分に気づく心のノート』

人生には絶対的な答えなど存在しない。あるのは、いくつかの道だけです

「はじめに」より
わたしは、この本を机のうえで書きませんでした。この本は一冊のノートをもとにしています。わたしは、そのノートに、いろんな思いや問題、洞察や困難などを書きとめていました。このようなメモを書きとめることは、生きていくうえで役に立つ作業だと思っています。

もっと見る
134-3
作者:ガース・キャラハン  出版社:辰巳出版  出版年:2015年10月 

『ナプキンノート 父から娘へ、826枚の「お弁当メッセージ」』

命の期限を切られた父親が、愛する娘に残せるものとは…

「表紙カバー」より
どうしたらいいかわからないとき、人生のごたごたで手いっぱいのとき、僕は一番大事なことを思い出すようにする。
深呼吸をする。お弁当を作る。ナプキン・ノートを書く。エマとつながる。それを繰り返す。ほかに大事なことはない。

もっと見る