Loading...

ノートを知るNote

を知る
133-0330b
作者:NPO法人 ら・し・さ  出版社:金融財政事情研究会  出版年:2015年3月 

『終活のリアル』

どうしてあの人はエンディングノートを書くのか

「はじめに」より
NPO法人 ら・し・さが、「ラスト・プランニングノート」を発行した2004年当時は、「エンディングノート」イコール「お葬式ノート」あるいは、「遺言ノート」とみなされていて、縁起でもないと忌み嫌う人もいました。

もっと見る
133-0330
作者:ケアチームジャパン編集  出版社:ケアチーム発行  出版年:2011年11月 

『ケアチームジャパンエンディングノート国際版』

異文化圏で人生の終盤を迎えられる人向けのエンディングノート

「はじめに」より
NALC(ニッポン・アクティブライフ・クラブ)が企画・編集して産声をあげた「エンディングノート」は、平成15年の初版以来、大変な好評につき何度も版を重ねてきました。旅立つものが、残されるものへの大切な記録や思いを書き残しておくというのがその趣旨ですが、それは同時に自分の人生を心穏やかに振り返り、心の整理をするという、またとない機会にもなるものです。

もっと見る
133-4
作者:山口奈津江  出版社:文芸社  出版年:2005年11月 

『火葬場より。女子大生のしみじみノート』

火葬場は大切な人と最後のお別れをする場所

4月21日「はじめまして」より
私は4月から火葬場でアルバイトを始めた大学4年生、21歳です。
火葬場というの、「怖い」「気持ち悪い……」など想像する人がいると思います。
私もはじめはそう思っていました。

もっと見る
Print
作者:本田桂子  出版社:講談社  出版年:2012年7月 

『エンディングノートのすすめ』

エンディングノートってどんなもの?

「はじめに」より
いま、世間で大きな注目を集めている「エンディングノート」をご存知でしょうか。
エンディングノートとは、簡単にいうと、将来自分に万一のことがあったときに備えて、家族やまわりの人に伝えたいことをあらかじめ記入しておくノートのことです。

もっと見る
image104
作者:石崎公子  出版社:法研  出版年:2013年12月 

『失敗しないエンディングノートの書き方』

気持ちを上手に伝えるための究極のエンディングノートの使い方

「表紙カバー」より
自分の人生を整理し、人生の最後を後悔しないで迎えるために、今、終活が盛んにおこなわれています。
とくに終活ツールとして人気があるのがエンディングノートです。

もっと見る
image25
作者:鳥越俊太郎  出版社:アース・スターエンターテイメント  出版年:2011年3月 

『鳥越俊太郎のエンディングノート~葬送曲はショパンでよろしく~』

エンディングノートは自分史の総まとめ

「はじめに」より
自分が危篤状態に陥ったり、不慮の事故で死んだりしたときにどうしてほしいのかなどの意思を記して準備しておく〝エンディングノート〟が人気だという。書式は文具メーカーや葬儀社が販売するノート形式のもの、インターネットで無料ダウンロードできるもの、ICカードやチップに記録できるものなどいろいろで、選択肢の幅は広い。

もっと見る