Loading...

ノートを知るNote

を知る
134-0330a
作者:櫻井 弘  出版社:永岡書店  出版年:2014年2月 

『大人なら知っておきたい モノの言い方サクッとノート』

言い方を変えるだけで相手の印象が変わります

「はじめに」より
モノの言い方というと、「論理的に話すことをやめ、ちゃんと説明できることが大切なんだろう」。
そう思う方が多いかもしれません。

もっと見る
Print
作者:コンソーシアムDブレーン  出版社:PHP研究所  出版年:2016年1月 

『経営者のための安心ライフノート』

「事業継承」「資産相続」から「エンディング・ノート」まで

「はじめに」中段より
グローバル化と産業構造の変革の中で、より新鮮な発想力、洞察力、分析力等を求められる昨今、高齢の社長にはいろいろな意味で否応なしに限界がきています。苦悩煩悶しておられる社長の皆さまに、本書は心の平安と安心感を得ていただく一助になるものと信じます。

もっと見る
134-4
作者:ヒュー・プレイサー  出版社:日本教文社  出版年:2006年4月 

『いまここにいるわたしへ 新しい自分に気づく心のノート』

人生には絶対的な答えなど存在しない。あるのは、いくつかの道だけです

「はじめに」より
わたしは、この本を机のうえで書きませんでした。この本は一冊のノートをもとにしています。わたしは、そのノートに、いろんな思いや問題、洞察や困難などを書きとめていました。このようなメモを書きとめることは、生きていくうえで役に立つ作業だと思っています。

もっと見る
134-3
作者:ガース・キャラハン  出版社:辰巳出版  出版年:2015年10月 

『ナプキンノート 父から娘へ、826枚の「お弁当メッセージ」』

命の期限を切られた父親が、愛する娘に残せるものとは…

「表紙カバー」より
どうしたらいいかわからないとき、人生のごたごたで手いっぱいのとき、僕は一番大事なことを思い出すようにする。
深呼吸をする。お弁当を作る。ナプキン・ノートを書く。エマとつながる。それを繰り返す。ほかに大事なことはない。

もっと見る
image27
作者:渡邊幸義  出版社:マガジンハウス  出版年:2008年7月 

『「未来ノート」で道は開ける!』

~私は「未来ノート」で夢をかなえた!~

「まえがき」より
私はいま、シンガポールから日本へ帰る飛行機の機内で、「未来ノート」を書いています。
3か国目の海外進出先となるシンガポールで、現地のスタッフとともに3日間の新規事業の打ち合わせと視察を済ませてきたところです。

もっと見る
image26
作者:嫌なことノート普及委員会  出版社:アスコム  出版年:2014年11月 

『書くだけで人生がうまくいく嫌なことノート』

嫌なこととうまく付き合うための「嫌なことノート」

「はじめに」後段より
「嫌なことノート」には4つの効能があります。
●感情のコントロールができ、ストレスがなくなる ●コミュニケーション力が上がる ●顧客心理がわかり、ビジネスのアイデアがどんどん生まれてくる ●時間の使い方がうまくなる
こんな万能ノート、書かないのはもったいないと思いませんか。

もっと見る