Loading...

ノートを知るNote

を知る
Print
作者:コンソーシアムDブレーン  出版社:PHP研究所  出版年:2016年1月 

『経営者のための安心ライフノート』

「事業継承」「資産相続」から「エンディング・ノート」まで

「はじめに」中段より
グローバル化と産業構造の変革の中で、より新鮮な発想力、洞察力、分析力等を求められる昨今、高齢の社長にはいろいろな意味で否応なしに限界がきています。苦悩煩悶しておられる社長の皆さまに、本書は心の平安と安心感を得ていただく一助になるものと信じます。

もっと見る
51DzOitvdCL
作者:坂下 仁  出版社:フォレスト出版  出版年:2016年5月 

『1冊の「ふせんノート」で人生は、はかどる』

あなたのノートや手帳は100%力を発揮しているか?

「冒頭文」より
あなたは、ノートや手帳を100%活用できていますか?
意外かもしれませんが、ノートや手帳を100%活用できていれば、霧が晴れるように悩みの多くが消え失せて思いどおりの人生を送れるようになります。

もっと見る
51BCGGKawSL__SX321_BO1,204,203,200_
作者:中島克治  出版社:日本放送出版協会(NHK出版)  出版年:2010年7月 

『20歳からの〈現代文〉入門 ~ノートをつけながら深く読む~』

「現代文」のさまざまな文章を深く理解できる者は、さまざまな場面において、機敏に、そして慎重に対処する

「表紙カバー」より
学校を卒業した大人こそが、勉強としてではない〈現代文〉を学び直す必要がある――麻布中学・高校の現役国語科教諭が、抜粋・要約・論述の3ステップのノートづくりを通して、本をより良く主体的に読み込み、それによって自らの「生きる力」とする方法を伝授する。

もっと見る
513qg4w4jnL__SX345_BO1,204,203,200_3
作者:後藤武士  出版社:大和書房  出版年:2007年10月 

『このノートで成績は必ず上がる! 受験・塾・定期テスト…実践で勝てる!』

成績がいい子の秘密はノートにあり!

「ノート本来の意味」より
noteという言葉には、名詞として「覚え書き」「メモ」という意味の他に「特徴」「重要な要素」なんて意味もあります。また動詞として、「注意深く観察する」「特筆する」「気づく」「注意する」といった意味も含んでいます。
それがbook、つまり冊子の状態になっているのが本来のnotebook、すなわちノートなのです。

もっと見る
123-2
作者:奥野宣之  出版社:ナナ・コーポレート・コミュニケーション  出版年:2008年12月 

『読書は1冊のノートにまとめなさい』

100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディング

「『読みっぱなし』は読んでいないのと一緒」の後段より
読んだ情報を頭に残したいなら、繰り返し読むとか、声に出して読み上げるという手もあります。短時間で多くの情報を頭に入れたいなら、一度により多くの文字情報を目から取り入れるというような速読の方法もあるらしい。

もっと見る
%e7%9b%ae%e7%8e%89%e3%81%ae%e6%95%a3%e6%ad%a9%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88
作者:林 丈二  出版社:河出書房新社  出版年:1988年3月 

『目玉の散歩ノート』

散歩には「寄り道」「道草」「休息」がつきものである

「目玉の散歩の前に」より
放任主義で育てられたせいか、幼少の砌から、あっちこっち一人で出歩くのが好きである。とにかく行ったことがないところへ行くのが快感であるから、そういった点で、グチャグチャと広範囲に網の目のように道が走っている東京は、僕にとっては未だにワンダーランドである。

もっと見る
%e6%95%a3%e6%ad%a9%e9%81%93%e3%81%ae%e7%b5%b5%e6%9c%ac
作者:長谷川哲雄  出版社:岩崎書店  出版年:2000年10月 

『散歩道の絵本―ぼくのフィールドノート』

植物や昆虫を描くのは、自然に対する信仰告白のようなもの

「あとがき」中段より
植物を描くということを、それと意識して始めてから、20年あまり経った。仕事をするようになってからでも15年くらいになる。その間の歩みは、いかにも遅々としてのろく、このごろになってようやく、いろいろなことが見えだしてきたところだ。

もっと見る
%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%af%e3%81%84%e3%81%a3%e3%81%b1%e3%81%84%e3%81%ae
作者:堤 信子  出版社:木の泉社  出版年:2011年5月 

『旅鞄いっぱいのパリ・ミラノ』

~文房具・雑貨のトラベラーズノート~

「巻頭文」より
パリ、ミラノに通い始めて20年以上が経ちました。
プライベートで年2~3回、番組のロケなども含めるとかなりの回数に上ります。

もっと見る
%e3%81%82%e3%81%b5%e3%82%8a%e3%81%8b
作者:山元加津子  出版社:三五館  出版年:2001年8月 

『あふりか! たんぽぽノート』

自然と人との関わりや、本当の幸せってなんだろう・・・

「はじめに」冒頭部分より
日本を発って、エジプトのカイロ空港に降り立ったときは半月だった月が、アフリカを出発して日本に帰る明け方には満月になって、澄んだ空は大きく輝いていました。

もっと見る
%e5%8b%89%e5%bc%b7%e3%81%8c%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%82%8b
作者:トニー・ブザン  出版社:ダイヤモンド社  出版年:2006月11日 

『勉強が楽しくなるノート術――マインドマップ』

マインドマップは、最強のパートナー

「表紙カバー」より
・想像力が豊かになる。アイデアがたくさん出てくる。
・問題解決の力がつく。
・計画性が高まる。
・記憶力がとても良くなる。
・集中力がすごくなる。宿題も半分の時間でできる。
・テストで簡単にいい点がとれる。

もっと見る