Loading...

ノートを知るNote

を知る
124-2
作者:唐沢俊一  出版社:幻冬舎  出版年:2000年8月 

『古本マニア雑学ノート』

古書展では目の位置より少し高いところに良い物件が並べられることが多い。

「エピローグ」より
「走らないでくださいッ! お静かに願いますッ!」
エレベーターのドアが開いたとたん、デパートの店員さんの声も聞かばこそ、あふれるように走り出た客たちは、遅れを取り戻そうと、一斉に会場に向かって走り出した。

もっと見る
51BCGGKawSL__SX321_BO1,204,203,200_
作者:中島克治  出版社:日本放送出版協会(NHK出版)  出版年:2010年7月 

『20歳からの〈現代文〉入門 ~ノートをつけながら深く読む~』

「現代文」のさまざまな文章を深く理解できる者は、さまざまな場面において、機敏に、そして慎重に対処する

「表紙カバー」より
学校を卒業した大人こそが、勉強としてではない〈現代文〉を学び直す必要がある――麻布中学・高校の現役国語科教諭が、抜粋・要約・論述の3ステップのノートづくりを通して、本をより良く主体的に読み込み、それによって自らの「生きる力」とする方法を伝授する。

もっと見る
123-2
作者:奥野宣之  出版社:ナナ・コーポレート・コミュニケーション  出版年:2008年12月 

『読書は1冊のノートにまとめなさい』

100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディング

「『読みっぱなし』は読んでいないのと一緒」の後段より
読んだ情報を頭に残したいなら、繰り返し読むとか、声に出して読み上げるという手もあります。短時間で多くの情報を頭に入れたいなら、一度により多くの文字情報を目から取り入れるというような速読の方法もあるらしい。

もっと見る
%e7%9b%ae%e7%8e%89%e3%81%ae%e6%95%a3%e6%ad%a9%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88
作者:林 丈二  出版社:河出書房新社  出版年:1988年3月 

『目玉の散歩ノート』

散歩には「寄り道」「道草」「休息」がつきものである

「目玉の散歩の前に」より
放任主義で育てられたせいか、幼少の砌から、あっちこっち一人で出歩くのが好きである。とにかく行ったことがないところへ行くのが快感であるから、そういった点で、グチャグチャと広範囲に網の目のように道が走っている東京は、僕にとっては未だにワンダーランドである。

もっと見る
%e6%95%a3%e6%ad%a9%e9%81%93%e3%81%ae%e7%b5%b5%e6%9c%ac
作者:長谷川哲雄  出版社:岩崎書店  出版年:2000年10月 

『散歩道の絵本―ぼくのフィールドノート』

植物や昆虫を描くのは、自然に対する信仰告白のようなもの

「あとがき」中段より
植物を描くということを、それと意識して始めてから、20年あまり経った。仕事をするようになってからでも15年くらいになる。その間の歩みは、いかにも遅々としてのろく、このごろになってようやく、いろいろなことが見えだしてきたところだ。

もっと見る
%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%af%e3%81%84%e3%81%a3%e3%81%b1%e3%81%84%e3%81%ae
作者:堤 信子  出版社:木の泉社  出版年:2011年5月 

『旅鞄いっぱいのパリ・ミラノ』

~文房具・雑貨のトラベラーズノート~

「巻頭文」より
パリ、ミラノに通い始めて20年以上が経ちました。
プライベートで年2~3回、番組のロケなども含めるとかなりの回数に上ります。

もっと見る
%e3%81%82%e3%81%b5%e3%82%8a%e3%81%8b
作者:山元加津子  出版社:三五館  出版年:2001年8月 

『あふりか! たんぽぽノート』

自然と人との関わりや、本当の幸せってなんだろう・・・

「はじめに」冒頭部分より
日本を発って、エジプトのカイロ空港に降り立ったときは半月だった月が、アフリカを出発して日本に帰る明け方には満月になって、澄んだ空は大きく輝いていました。

もっと見る
124-4
作者:深谷圭助  出版社:宝島社  出版年:2010年5月 

『読解力を劇的に伸ばす 大人の「思考力ノート」のつくり方』

日本と、世界基準の「読解リテラシー」はまったく異なっている

「まえがき」より
OECD(経済協力開発機構)が10年ほど前から世界の15歳の子どもを対象に「読解リテラシー(読解力)」の調査をしはじめました。「PISA(ピサ)」といわれるものです。

もっと見る
124-3
作者:村上香住子  出版社:文藝春秋  出版年:2008年2月 

『巴里ノート』

今現在のパリの熱い息遣いをそのまま体感してほしい

「あとがき」より
微細な砂粒が、さらさらと指の間を擦り抜けて落下してく。その指の根っこの感触は、くすぐったくもあり、心地よくもあり、それでいてどことなく寂しくも感じられる。それが再び掌に戻ることがないからだ。

もっと見る
123-4
作者:小林保夫  出版社:清風堂書店  出版年:2015年1月 

『私の人生・社会・読書ノートから』

ある弁護士の「私の存在証明―あるいは通過点として―」

「はしがき」中段より
この冊子に載せた雑文は、私が折々にものにした雑文のうち容易に発見できた一部にすぎないのであるが、その多くは、強いて整理すれば、私の生い立ちや家族の記憶、旅行や読書においての印象や感想、司法や社会のありかたについての私流の観察と意見にわたる。

もっと見る