Loading...

ノートを知るNote

を知る
124-2
作者:唐沢俊一  出版社:幻冬舎  出版年:2000年8月 

『古本マニア雑学ノート』

古書展では目の位置より少し高いところに良い物件が並べられることが多い。

「エピローグ」より
「走らないでくださいッ! お静かに願いますッ!」
エレベーターのドアが開いたとたん、デパートの店員さんの声も聞かばこそ、あふれるように走り出た客たちは、遅れを取り戻そうと、一斉に会場に向かって走り出した。

もっと見る
51BCGGKawSL__SX321_BO1,204,203,200_
作者:中島克治  出版社:日本放送出版協会(NHK出版)  出版年:2010年7月 

『20歳からの〈現代文〉入門 ~ノートをつけながら深く読む~』

「現代文」のさまざまな文章を深く理解できる者は、さまざまな場面において、機敏に、そして慎重に対処する

「表紙カバー」より
学校を卒業した大人こそが、勉強としてではない〈現代文〉を学び直す必要がある――麻布中学・高校の現役国語科教諭が、抜粋・要約・論述の3ステップのノートづくりを通して、本をより良く主体的に読み込み、それによって自らの「生きる力」とする方法を伝授する。

もっと見る
124-4
作者:深谷圭助  出版社:宝島社  出版年:2010年5月 

『読解力を劇的に伸ばす 大人の「思考力ノート」のつくり方』

日本と、世界基準の「読解リテラシー」はまったく異なっている

「まえがき」より
OECD(経済協力開発機構)が10年ほど前から世界の15歳の子どもを対象に「読解リテラシー(読解力)」の調査をしはじめました。「PISA(ピサ)」といわれるものです。

もっと見る
124-3
作者:村上香住子  出版社:文藝春秋  出版年:2008年2月 

『巴里ノート』

今現在のパリの熱い息遣いをそのまま体感してほしい

「あとがき」より
微細な砂粒が、さらさらと指の間を擦り抜けて落下してく。その指の根っこの感触は、くすぐったくもあり、心地よくもあり、それでいてどことなく寂しくも感じられる。それが再び掌に戻ることがないからだ。

もっと見る
image100
作者:角田まさ子  出版社:日本ヴォーグ社  出版年:2010年5月 

『角田まさ子のファブリックステンシャル パリのデザインノート』

パリ+デザインノート

「冒頭文」より
昨年の秋、短い時間ではありましたが、大好きな街「パリ」に出かけました。
旅に出ると、美味しいものや美しい景色も楽しみですが、何よりもその土地で出会う人々のファッションが気になってしまう私。いつも、旅が終わって教室に戻ると、すぐに新しいお洋服をそろえて、新しいデザインを描く。これがパターンなのです。

もっと見る
image21
作者:鉄道紀行宮脇俊三取材ノート製作委員会  出版社:誠文堂新光社  出版年:2013年8月 

『鉄道紀行 宮脇俊三取材ノート』

鉄道紀行作家を支えた記録

「冒頭文」より
本書は、鉄道紀行文を文学として確立させた故・宮脇俊三の書斎を中心に、現在所蔵されている数々の遺品を公開することを主な目的とした。生前から没後に至る現在まで、さまざまな氏の特集や企画本または文学展が組まれているが、公開されているものは分かりやすいトピックス的な画像や資料となっているものが比較的多い。

もっと見る