Loading...

ノートを知るNote

を知る
123-2
作者:奥野宣之  出版社:ナナ・コーポレート・コミュニケーション  出版年:2008年12月 

『読書は1冊のノートにまとめなさい』

100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディング

「『読みっぱなし』は読んでいないのと一緒」の後段より
読んだ情報を頭に残したいなら、繰り返し読むとか、声に出して読み上げるという手もあります。短時間で多くの情報を頭に入れたいなら、一度により多くの文字情報を目から取り入れるというような速読の方法もあるらしい。

もっと見る
123-4
作者:小林保夫  出版社:清風堂書店  出版年:2015年1月 

『私の人生・社会・読書ノートから』

ある弁護士の「私の存在証明―あるいは通過点として―」

「はしがき」中段より
この冊子に載せた雑文は、私が折々にものにした雑文のうち容易に発見できた一部にすぎないのであるが、その多くは、強いて整理すれば、私の生い立ちや家族の記憶、旅行や読書においての印象や感想、司法や社会のありかたについての私流の観察と意見にわたる。

もっと見る
123-3
作者:三浦安子  出版社:日本キリスト教教団出版局  出版年:2011年12月 

『ことばの力――私の書写ノートより』

『暮らしの手帖』の花森安治、大橋鎮子氏に啓発されて

「はじめに」より
1978(昭和53)年の4月末のことでした。
連休の初日、駅前の書店の片隅に売残っていた『暮らしの手帖』をパラパラめくっていますと、次の文章が目に飛び込んできました。

もっと見る
123-2
作者:奥野宣之  出版社:ダイヤモンド社  出版年:2013年11月 

『読書は1冊のノートにまとめなさい[完全版]』

「読みっぱなし」は読んでいないのと一緒

「はじめに」より
あなたは、これまで読んだ本のことをどれだけ覚えているでしょうか。
例えば、よく人に聞かれる座右の書。
「これは学生のころに読んで、ためになったよ」という以外に、どんなことが言えるでしょうか。
次のような質問に答えることができるでしょうか。

もっと見る
123-1
作者:松宮義仁  出版社:徳間書店  出版年:2009年4月 

『A6ノートで読書を超高速化しなさい』

もったいない読書は、もうやめませんか?……行動的「読書」への招待

「はじめに」後段より
本というものに、命の次に大事な「お金」と、そのお金よりも大事な「時間」を投資したなら、最低でも投資額の10倍はリターンを得てほしいとわたしは考えます。
「そんなことは、すでに知っている」「もうわかっていたことだよ」「あたりまえのことしか書いてないじゃん」
こういう言葉は今日からNGです。

もっと見る